日常生活を行う上で残業量の変化や友人の結婚式が続くなど、意図しない急な収入減少や臨時支出が増えてしまうことがあります。

既にアイフルのカードローンを利用している場合には、今まで1度も増額申請をしていなければ利用限度額が不足することもあるでしょう。

当記事ではアイフルの増額審査の方法や条件、絶対に知っておきたいリスクを解説していきます。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

アイフルでは増加審査はありますか?
結論から言いますと、増加審査はあります。一定の条件を満たしていれば増額審査を受けることができます。
増額審査を受ける条件は何ですか?
まずはアイフルを半年以上利用していることです。そして返済の遅延などの問題を起こしていないことが重視されます。
増額審査の注意点は何ですか?
これまでの限度額が白紙になる点です。増額審査に通る場合もあれば、限度額が減らされたり、返済専用契約に切り替えられてしまう可能性もあります。

管理人

以上のことを考えても、マネースコーピオン管理人としては、プロミス等の他のカードローンを利用検討をおすすめします。

プロミスなら初回利用で30日間無利息サービスが付きます。※申込み時にメアド登録とWeb明細利用選択するだけでOKです。

☆参考⇒プロミスは自動契約機なら早く借りれる?借入までの手順公開

アイフルの増額審査は可能?

アイフルでは増額審査は可能です。

しかし、クレジットカードとは異なりカードローンの場合には、増額審査を行うかどうかは個人の自由となっているので自ら希望しない限り増額審査が行われることはありません。

アイフルも同様です。

希望しない限り増額審査は行われません。

しかし、誰もが増額審査を希望できるわけではありません。

では、増加審査を申込みする際のチェックポイントを解説します。

増加審査を申込みする際のチェックポイント

  1. 会員ページから増額審査を申し込める
  2. 変更届を行っている

1.会員ページから増額審査を申し込める

自分が増額申請ができる状態なのか否かは、アイフルの会員ページへログインして増額審査申込がクリックできるかどうかで分かります。

アイフルの利用規約を確認すると分かるように、有効なカードローン契約を行い滞納や延滞をしていない状態ならばアイフルに増額審査申込が出来ると判断されるわけです。

繰り返しになりますがアイフルのカードローン契約者全てが増額審査申込出来るわけではなく、一定の条件を満たした契約者のみが申込み可能という制限があります。

真面目に借り入れと返済を行っていれば多くの場合には増額審査申込自体は可能ですが、審査に通過するかどうかは別問題です。

2.変更届を行っている

増額審査に申し込む前提としてアイフルに届け出ている現住所・収入証明書類・勤務先・年収情報がカードローン契約時から変化している場合には、増額審査申込を行う前に変更届出を行っておく必要があります。

実際に届出事項変更を行ってから反映されていることを確認し、時間を置いてからアイフルの増額審査申込を行うことが理想です。

なぜなら、増額審査という名前が付いていてもアイフルの増額審査は、再審査という意味合いであって新規申込に準じた審査が行われるからです。

では、増額審査はいつから可能なのかを解説していきます。

増額審査はいつからできるの?

増額審査に通る条件

  1. 契約から半年以上経過している
  2. アイフルとの過去の取引に問題がないか
  3. 1年以上の利用があるとベター

1.契約から半年以上経過している

アイフルのカードローン利用規約を確認すると、アイフルの増額審査申込は契約から半年以上経過してからとなっています。

契約のみを行って全く借入と返済を行っていない場合には、残念ながら増額審査申込を行っても審査に通過することはありません。

2.アイフルとの過去の取引に問題がないか

アイフルの増額審査は、新規申込手続きに準じた再審査という扱いとなるので、これまでの借入と返済実績に問題が無いかという点が重視されます。

増額審査を行う時に重視されることとして、アイフルとの過去の取引状況が特に重要な部分を占めるわけです。

連続して6回以上の期限内返済がしっかり行われていることが最低ラインとなりますが、出来れば12回以上滞納なしの通常返済を継続していると審査時に判断しやすくなります。

アイフルの増額審査申込を行うと、新規申込時同様に勤務先への在籍確認電話が掛かってきます。

そういった点から、新規申込時に準じた審査を行っていることが分かりますね。

初回契約時と異なる点として、既にアイフルとの契約があるために追加の判断材料として過去の取引履歴が信用情報として追加されます。

初めてアイフルへの申込を行う場合と増額審査申込の最大の違いは、アイフル内に社内情報として過去の取引履歴を審査時の判断材料へ加えることが出来る点です。

実際には個人信用情報機関へ信用情報照会を行い、他社借り入れ実績を含めた総合的な判断を行います。

しかし、少なくともアイフルから見た時に優良顧客となるかどうかの判断は、最低半年以上真面目に遅滞なく返済継続していることは大きなアドバンテージです。

3.1年以上の利用があるとベター

最低半年以上の返済実績があればアイフルのカードローン増額審査申込は出来ますが、出来るだけ1年以上の利用がある方が増額審査申込み後の審査を有利に進めることが出来ると言われています。

より増額の確率を上げたい方は1年以上、ルールを厳守してアイフルを利用することをおすすめします。

増額審査申込み手順

増額審査の申込みを行う際には、4つの方法から自由に選択して好きな方法で申込み手続きをアイフルへ直接行えます。

増額審査4つの方法

  1. アイフル会員サイトからのWEB申込
  2. 店舗窓口へ来店する
  3. 無人契約機へ行く
  4. 会員専用フリーダイヤルへ電話連絡する

どの方法で行っても全く同じアイフルへの増額審査申込を行えますが、いつでもすぐに増額審査を申込したいならアイフル会員サイト経由が望ましいです。

なぜなら、店舗窓口の数は少なく無人契約機や会員専用フリーダイヤルへ電話連絡しても、増額審査申込み可能な時間は9時~18時に限定されているからです。

増額審査は18時迄なのに対し、新規申込ならば電話申込が21時迄、無人契約機が22時迄営業していることを考えると増額審査申込を行える時間は短いです。

新規申込とは異なり増額審査申込をアイフル側で積極的に行うメリットはさほど大きくないために、増額審査申込を担当する部署は昼間に限定されているわけです。

増額審査申込を行う際には、上記4つの方法から好きな方法を選んでアイフルに対して増額審査申込を行います。

アイフル会員サイトからの申込時には、会員サイト内に増額審査申込リンクがあるので指示通りに進むだけです。

無人契約機コーナーでは、操作方法が分からなければインターフォンが付いているので審査センターの担当者と話しながら進められます。

本人確認書類と必要に応じて収入証明書類も提出が必要となることがあり、勤務先が変更になっていれば新しい勤務先への在籍確認が行われた後に審査結果が通知される流れです。

40分~60分程度で早ければ審査結果が通知されますが、在籍確認電話が必要となる場合などは翌日以降に審査結果連絡が伸びることも珍しくありません。

増額審査申込可能時間が、WEB申込以外は9時~18時となっている点を考慮して早めに申込み手続きを行っておくと良いです。

増額審査の注意点

アイフルへ増額審査申込を行う際には、新規申込時よりも審査が厳しいと考えておく必要があります。

新規申込時よりも収入証明書類提出により年収が増えていることや、アイフルとの取引状況が滞納や延滞無く行われているといった優良顧客であることが求められるわけです。

増額審査申込をアイフルへ行い審査が開始された時点で、今まで設定されていた利用限度額は白紙になります。

改めて現状の返済能力と過去の金融取引履歴を参照して、新しい利用限度額設定を行うわけです。

結果的にアイフルに対して増額審査申込を行ったにも関わらず、利用限度額が減額されたり返済専用契約に変更されてしまうリスクもあります。

増額審査申込という名目ですが、事実上の再審査だと思えば納得しやすいでしょう。

アイフルへ増額審査申込を行う際には、事前準備をしておくとスムーズに増額審査ができる可能性が高くなります。

利用限度額を増やしてもらえそうだと判断出来た場合のみ増額審査申込を行えば、結果的に利用限度額が減る事態だけは少なくとも避けられるわけです。

アイフルへ増額審査を申込する前に、他社を含めた借入状況を個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行い現状をまずは把握することから始めます。

アイフルはCICと日本信用情報機関(JICC)の両方の信用情報を利用しています。

→CICの情報開示方法はこちらで確認できます

→JICCの情報開示方法はこちらで確認できます

そして、他社を含めた借入総額が過去2年間で増えていないかを確認し、年収に対して他社を含めた借入限度枠の合計が年収の1/3を超えていないかどうかもチェックしておきましょう。

信用情報機関に掲載されている勤務先情報が古いままならば、他社のうち新しい勤務先を届けていない可能性があるので、新しい勤務先を届けて信用情報機関へ反映されてから増額審査申込を行うことが理想です。

収入証明書類の提出は、任意でも常に提出出来ることになっているので、収入が上がった年にはアイフルへ年収修正と共に収入証明書類を出しておく手があります。

新規申込時よりも年収が上がっていて、他社借入額が増えていなければ増額審査に通る可能性が高くなります。

アイフルだけでなく他社借入状況と返済状況を好転させた状態を信用情報機関で証明出来るようにしておけば、アイフルの審査時にも信用力が上がっていることを示せるわけです。

新規申込時よりも何も好転していない状態で増額審査申込をしても、利用限度額減少リスクが高いと知っておく必要があります。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • アイフルでは増額申請ができます
  • 誰もが増額審査を希望できるわけではありません
  • 一定の条件を満たした契約者のみ希望できます
  • 現住所・勤務先などに変更があり、変更届を出していない場合は変更を先に完了させたほうがスムーズです
  • 増額審査は再審査という意味合いで新規申込に準じた審査が行わると考えておきましょう
  • アイフルの利用が半年以上あることが条件です(1年以上あるとより良いと言われています)
  • アイフルとの過去の取引状況が非常に重視されます
  • 優良顧客でないと増額審査には通りません
  • 増額審査には以下の4つの方法があります
    1. アイフル会員サイトからWEB申込をする
    2. 店頭窓口へ来店する
    3. 無人契約機へ行く
    4. 会員専用フリーダイヤルへ電話連絡をする
  • 時間は40分~60分程度と言われています
  • 増額審査は厳しいです
  • 年収が増えている場合は収入証明書類の提出をした方が審査に有利な可能性があります
  • 増額審査を行う時点でこれまでの利用限度額は白紙になります
  • 利用限度額が減らされたり、返済専用契約になる場合もあります
  • 審査前に、信用情報の把握をすることをおすすめします
  • 他社を含めた借入限度額が年収の3分の1を超えていないことを確認することをおすすめします

いかがでしたか?

増額審査は気軽にできるものではないことが分かりましたね。

アイフルにとって優良顧客でないと通りませんし、最悪の場合は今の限度額が減らされたり返済専用契約(つまり借入ができなくなる)に陥るリスクがあります。

増額審査をしたいと考えている方はまずは以下を見直して再検討してください。

増額審査を申し込む前に検討する点

  1. 今の限度額でなんとかやりくりできないか検討
  2. 他社の申込みを検討
    アイフルの限度額はそのままで、他社でも借入ができるようにする→結果的に限度額の総額は増えます
  3. それでもアイフルの増額を希望をして、契約時より収入が増えていたり1年以上利用している方は増額審査に踏み切りましょう

繰り返しになりますが、増額審査はリスクが大きいです。

しっかり収入と支出のバランスとリスクを考えて行動しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。