便利で親切な対応で有名なアイフルですが、ゆうちょ銀行で借入と返済はできるのでしょうか。

ゆうちょ銀行をメインで利用している方は気になりますよね。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

アイフルではゆうちょ銀行で借入と返済ができますか?
結論から言いますと、ゆうちょ銀行では借入・返済ができません。しかし、口座振替ならゆうちょ銀行の口座を介してアイフルを利用できます。
口座振替は手数料はかかりますか?
手数料は無料です。
即日で借入はできますか?
時間と曜日によります。

▼お申込みはこちらから▼

アイフル

アイフルはゆうちょ銀行で借入・返済できる?

アイフルで借入したお金を引き出すもしくは借りていたお金を返済するのにゆうちょ銀行で利用したいと考えている人もいるでしょう。

実際ゆうちょ銀行でアイフルの借入と返済ができるのか解説していきます。

実際ゆうちょ銀行でアイフルの借入・返済は可能なのでしょうか?

結論を先に言うと借入・返済はゆうちょ銀行では出来ません

理由としてアイフルがゆうちょ銀行と提携していないので借りたくても借りれないからです。

その代わり、ゆうちょ銀行は対応していませんがアイフルと提携している銀行やATMはあるのでその中から選んで借入・返済をする事は可能です。

現在は以下の銀行・ATMに対応しているのでこの中から借入・返済が出来ます。

アイフルと提携している銀行・ATM

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ローソンATM
  • コンビニATM E-net
  • 親和銀行
  • 福岡銀行(借入のみ可能)
  • 熊本銀行(借入のみ可能)
  • ファミリーマート・ファミポート(返済のみ可能)
  • ローソン・ロッピー(返済のみ可能)

→アイフルの提携ATM一覧と手数料、土日の利用について詳細はこちら

手数料はいくらかかる?

アイフルATMの場合なら手数料無料で入出金が出来るので手数料を払う必要はありません。

しかし提携先から利用する場合は1万円超での利用の場合は入出金共に216円、一万円以下での利用の場合は108円の手数料が発生します。

出金した際の手数料は次回の入金時の際に一緒に精算されるのでその場で引かれる事はありません。

手数料抜きで入出金したければアイフルATMを利用しましょう。

土日祝日もアイフルでの借入・返済できる?

アイフルでは土日祝でも借入・返済にも対応しており提携先からでも借入・返済は出来ます。

しかし営業時間は提携先次第なので曜日問わず24時間営業とは限りません。

アイフル自体は営業していても提携先が営業時間外やメンテナンス中だと借入・返済自体が出来なくなります。

提携先でアイフルを利用するなら提携先の営業時間やメンテナンススケジュールも確認し、ATMが使える時間帯もチェックしておきましょう。

→アイフルの提携ATM一覧と手数料、土日の利用について詳細はこちら

ゆうちょ銀行の口座を利用して借入・返済は可能

ゆうちょ銀行はアイフルと提携していないのでゆうちょ銀行から借入・返済は出来ません。

しかし別の手段を使ってゆうちょ銀行からでもアイフルの借入・返済が出来る方法はあります。

ゆうちょ銀行からアイフルの借入・返済をしたい時は以下の方法で可能です。

ゆちょ銀行の口座を介してアイフルを手数料無料で利用する方法

口座振替でゆうちょ銀行の口座を指定すれば手数料無料でアイフルが利用できる

アイフルでお金を借りるにはこちら

ゆちょ銀行の口座を介してアイフルを手数料無料で利用する方法を詳しく解説していきます。

口座振替には対応している

アイフルでは口座振替で現金を受け取ったり返済することができます。

口座振替では借入を申し込んだ際に自分が持っている銀行の口座へ振り込んでもらいその口座から借入金を受け取る事が出来ます。

その銀行口座をゆうちょ銀行へ指定すればゆうちょ銀行から現金を受け取る事が出来ます

同様に返済も指定日までにゆうちょ銀行の口座へ借りていた現金を振り込んでおけば指定日に口座振替でアイフルから引き落としされます。

これによりアイフルのATM・提携先まで現金を入出金する為に外出の必要が無くなります。

ゆうちょ銀行で口座振込設定すれば借入金の入出金はファミリーマートからでも出来る様になる

ゆうちょ銀行はファミリーマートと提携しておりファミリーマートからゆうちょ銀行の口座内のお金の入出金は手数料無料で行う事が出来ます。

これを利用して口座振込でゆうちょ銀行を設定しておけば借入した現金の受取及び返済分の入金をファミリーマートのATMで行うといった使い方が出来ます。

手数料無料で使えるのでゆうちょ銀行を介してアイフルを利用したい方が手数料無料になるのでおすすめの方法です。

→ファミリーマートのゆうちょ銀行ATMはこちら

口座振替借入・返済のメリットとデメリット

アイフルの口座振替にもメリットとデメリットの両方があります。

メリットとデメリットを熟知した上でアイフルの口座振替を使うのが一番賢い使い方です。

アイフルの口座振替のメリット

口座振替のメリットは以下の2点です。

アイフル口座振替2つのメリット

  1. 提携先まで借入・返済の為に移動する必要がない
  2. 手数料無料で借入・返済する事も出来る

アイフルでは提携先からでも借入・返済は出来ると言っても現金の入出金をする為にはアイフルのATMや近くの提携先まで移動する必要があり場所によっては遠出になる人もいます。

口座振替なら提携先の銀行口座以外の銀行口座でも借入・返済設定が出来ます。

そして、自宅から近い場所にある銀行の口座に設定すれば自宅から近い距離のお店で受け取る事が出来るというわけです。

つまり、提携先までわざわざ外出する必要が無くなり今持っている口座でも受け取る事が出来ます。

さらには、口座振替なら手数料無料です。

つまり、お金は受け取りつつ手数料も払わずに済むと賢く使う方法も出来る様になります。

口座振替のデメリット

次に口座振替のデメリットは以下の2点です。

アイフル口座振替2つのデメリット

  1. 振替が反映されるのは口座の営業時間次第
  2. 残高不足だと返済されないので未返済扱いになる

まず、口座振替の場合はお金を受け取るまでに時間がかかるケースがあります。

アイフルでは平日15時前までなら即日中に振り込んでくれるので当日に受け取る事が出来ます。

しかし平日15時以降や土日祝だと振込先の銀行が営業時間外で翌営業日に反映される為、実際にお金を受け取ることができるのが翌営業日になります。

ただし銀行の中にはネット銀行の様に24時間以内に振込が確認出来たら曜日関係なく即日反映される銀行や15時以降でも反映される銀行口座も中にはあります。

全ての銀行が翌営業日になるとは限らないのでそちらの銀行を選べば平日15時以降や休日でも早く受け取る事は出来ます。

もう1つのデメリットとして口座振替を設定しても口座内に入れているお金が不足していると口座振替が出来ないのでステータスとしては未返済の扱いになります。

未返済扱いになると遅延金も発生し余分に払うお金が増えてしまいます。

残高不足で口座振替が出来なければ手数料を払ってでもアイフルへの振込や提携先から返済するかアイフルのATMまで支払いに行く等別の返済方法で返さないといけません。

当日振込が可能な申込み方法はコレ

近くにアイフルのATMや提携先が無い場合でもアイフルに当日振込をしてもらう事は出来ます。

アイフルから当日振込をしてもらう方法はで以下の申し込みが必要です。

1.インターネットからの申込み

アイフルで当日振込を申し込むならパソコン・スマートフォン・携帯電話等を使ってインターネットからの申込みがポピュラーなやり方です。

アイフルの会員に既になっている人は会員ページから振込の手続きが出来ます。

→アイフルの会員ページはこちら

こちらのページから振込手続きをし口座振替で受け取れる様にします。

申込みが完了し自分の口座にアイフル㈱もしくはAIセンター名義での入金があれば振込は成功です。

申込み手続きは24時間何時でも振込予約が出来ますが当日中に受け取りたいなら平日15時以内に申し込み振込先の銀行口座の営業時間に間に合う様に心掛けましょう。

2.電話からの申込み

インターネット以外にもアイフルへ直接電話し当日振込の申込みをする事も出来ます。

会員専用のダイヤルもしくは女性専用ダイヤルへ電話し口座を伝え当日振込の予約をその場でしてもらえます。

→アイフルの問い合わせ先はこちら

こちらのやり方はインターネットから電話に変わった以外はパソコンからの申込みと変わりはありませんので電話1本で行なえます。

アイフル㈱もしくはAIセンター名義での入金があれば振込成功、当日中に受け取りたければ平日15時前までの申込みが必要な点も同じです。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • ゆうちょ銀行でアイフルの借入と返済はできません
  • アイフルには複数の提携銀行やATMがあります
  • アイフルATMなら手数料無料で借入・返済ができます
  • 土日祝日も借入・返済ができます
  • 口座振替を利用すればゆうちょ銀行の口座を介してアイフルの借入・返済ができます
  • 口座振替のメリットは以下の2点です
    1. 提携先のATMまで移動する必要がない
    2. 手数料が無料
  • 口座振替のデメリットは以下の2点です
    1. 振替が反映されるのは口座の営業時間によります
    2. 返済の際、残高不足の場合未返済扱いになってしまう
  • 当日振込はインターネット・電話で申込みができます

ゆうちょ銀行の口座を既に利用している方は口座振替を利用すればアイフルの借入・返済ができますね。

返済の際に残高不足にならないようにだけ注意が必要です。

アイフルは利便性が高く、人気が高いカードローンです。

必ずルールを厳守して、便利に利用していきましょう。

アイフル