急な出費に迫られた際などでも、簡単な審査でスピードキャッシングができるカードローンは非常に力強い存在です。

しかし多くのカードローンの審査内容の中に借入年齢制限というものがあり、この制限をクリアしないと審査を通過することができません。

アイフルの借入年齢制限は何歳なのか、また、その年齢が限度額にどういった影響を及ぼすのか分かりやすく解説していきます。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

アイフルの借入年齢制限は何歳から何歳までですか?
アイフルの借入年齢制限は満20歳以上満69歳までと決められています。また安定した収入があることも条件となっています。
アルバイトやパートでは申し込めませんか?
アルバイトやパートでも安定した収入と認められます。
学生は申込みできますか?
学生でも満20歳以上満69歳までで安定した収入があり、アイフルの審査に通れば利用できます。

▼お申込みはこちらから▼

アイフル

アイフルの借入年齢制限は?

 

カードローン大手のアイフルの利用対象者は「満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方」となっています。

例えば定期的な収入があり、返済能力があるとしても20歳未満の人は残念ながらアイフルのカードローンを利用することはできません。

借入年齢制限が20歳以上に定められている理由とは?

未成年であっても社会に出て定期収入を得て返済能力があるという人は少なくありません。

逆に20歳以上で有っても一般的に学生の場合は返済能力が高いとは言えないでしょう。

しかし現実的に返済能力があったとしても、20歳未満の場合は法律上成人として扱われないため未成年の場合はカードローンなどのキャッシング契約を結ぶ際、親権者や保護者の同意が必要となります。

未成年者が親権者や保護者に無断で結んだ契約は、親権者や保護者が取り消すことができます。

未成年者の場合でも親権者や保護者の同意があればキャッシング契約は結べます。

しかし、同意書への署名の真偽などを巡ったトラブルを避けるために、アイフルなどの一般的なカードローン会社ではカードローンの借入年齢制限を親権者や保護者の同意を必要としない20歳以上と定めています。

20歳以上で有れば学生でもアイフルのカードローンは利用できる?

既に紹介したように例え定期収入があり返済能力があったとしても、法律上成人と認められない未成年の場合はアイフルのカードローンを利用することはできません。

しかし20歳以上の成人で有ればアイフルのカードローンを利用することができます。

20歳の以上の学生でもアルバイトなどで収入を得ている場合は、アルバイトで得る収入を安定的な定期収入と捉えることができます。

アイフルのカードローン利用申込時には安定的な定期収入が求められますから、例えアルバイトで有っても返済能力があると判断されるケースが非常に多いと言えるでしょう。

つまり20歳以上の成人でアルバイトなどの定期的収入を得ていれば学生であってもアイフルのカードローンを利用することができると言えます。

年齢制限以外の申込み条件は?

アイフルのカードローンへの新規申し込みの際には一般的に審査と呼ばれている与信調査が行われます。

借入年齢制限をクリアすることはもちろんですが、新規利用申込みを行った利用希望者に定期的な収入があり返済能力があることを与信調査で確認します。

正社員でなくても派遣やアルバイト、パートなどで収入を得ている場合であれば定期的収入として認められ返済能力があると判断されるケースが多いと言えます。

しかし例え定期的収入があったとしても返済能力について疑問がある場合は与信審査を通過することができない場合もあります。

返済能力に疑問を持たれてしまうケースとは?

法律的に成人と認められる20歳以上であり、定期的収入を得ている人でも与信審査を通過できない場合は返済能力に疑問がある場合だと考えられます。

返済能力に疑問を発生させ与信審査の通過を妨げる原因として次に挙げるものがあります。

与信審査の通過を妨げる2つの原因

  1. 他の金融機関への返済が滞っている
  2. 新規利用申し込み書類の内容が正確でない

それぞれを解説していきます。

他の金融機関への返済が滞っている場合

既に他の金融機関から融資を受けている場合でもアイフルのカードローンの与信審査に悪影響を及ぼすことはありません。

しかし返済の延滞を繰り返している場合や滞納している場合は返済能力に疑問を持たれてしまい与信審査を通過できないケースがあります。

新規利用申し込み書類の内容が正確でない場合

住所や電話番呼号、勤務先や他の金融機関の利用状況など与信審査に必要な事項の内容が正確でない場合は返済能力に対して疑問が発生すると考えられます。

万一他の金融機関で金融事故と呼ばれる延滞や滞納を起こしている場合は、信用情報機関で金融事故情報が共有されていますから、残念ながら申し込み書類を正確に入力していなくても事故情報は知られてしまいます。

続いては月日が経ち、申込み条件の年齢制限である69歳を超えた場合はアイフルの利用はできるのかどうかを解説していきます。

70歳になったら利用できなくなるの?

20歳以上で定期的な収入があり、返済能力が有ったとしても、満70歳になった時点でアイフルのカードローンの新規融資は停止されます。

69歳であればアイフルと新規契約を行ってカードローンを利用できますが、アイフルのカードローンを利用できるのは70歳の誕生日までの期間限定ということになります。

アイフルのカードローンの借入契約期間は3年となっています。

しかし3年を経過した場合でも自動的に与信審査が行われ、基本的には1度契約すれば利用し続けることが可能です。

この自動的に行われる与信審査の基準の1つに借入年齢制限の上限が満70歳の誕生日までと定められています。

70歳になった時点で新規融資は停止されますが、今までの借入に対する返済は継続します。

借入金を完済した時点で契約は終了します。

アイフルが借入年齢制限の上限を満70歳に定めている理由とは?

カードローンの借入の返済には早くて数カ月、長い場合であれば数年の時間が必要となります。

仮に現在安定した収入があり返済能力がある場合でも、完済までの期間も収入や返済能力を保ち続けることができることがカードローンの利用には求められます。

カードローンの借入金の返済には「定年まで長い期間がある人」「定年後も一定額の貯蓄を持ちかつ収入を望める人」「病気や怪我の治療などの理由で返済に影響が出る可能性が低い人」が望ましいと考えられていることから年齢を重ねるということは返済に有利ではない条件として捉えられる傾向があります。

60~65歳で有れば勤続年数の長さから一定の収入、つまり返済能力が見込めますが一般的にはリタイア後は現役時代と比べると年収が大きく減少するすることから、残念ながら返済能力が低下すると判断されてしまいます。

また加齢とともに想定外の病気や怪我などの可能性も向上することから、カードローンの返済が滞るリスク回避のためにアイフルではカードローンの借入年齢制限の上限を満70歳に定めています。

続いては、契約時に設定される限度額は年齢がどう影響しているのかを解説していきます。

契約時の年齢は借入上限額に影響するの?

アイフルの与信審査で決められる借入上限額は、利用者の勤務先や年収、信用情報機関に登録されている信用情報を利用してコンピューターによって算出されます。

この中で利用者の年齢は年収やリタイヤまでの期間に関わる問題なので多少なりとも影響をしていると考えられます。

しかし一部例外はあるものの、カードローンなどの個人向け無担保融資の借入上限額は貸金業法の総量規制で利用者の年収の1/3までと定められていて、一般的には社会人に対する初回限度額は50万円以下となっています。

実際は新規契約時の借入限度額は10~20万円となる傾向があり、初回借入額を小額に抑え返済実績を積むことで借入限度額を増額申請していくというのが現実的だと言えるでしょう。

またアイフルのカードローンで50万円以上、または他社借り入れとの合計金額が100万円以上となる場合は収入証明資料の提出が必要となります。

増額申請を行う場合も新規加入時同様に与信審査が行われますので利用者情報の申請内容に変更がある場合は変更を行う必要があります。

アイフルのカードローン利用の際には年齢よりも、年収や信用情報機関で共有されている信用情報、返済実績などが大きく影響すると言えます。

貸付年齢制限をクリアしたばかりの20代前半や上限が近い60代後半の場合は借入上限額に少なからずとも影響する可能性もあると言えるでしょう。

1秒診断でチェック

ここまでの内容で申込みに必要な条件として年齢や収入、信用が影響してくることが分かりましたね。

それでも「申込みに踏み切れない」、「審査に通るかどうか不安」という方にはアイフルの1秒診断がおすすめです。

アイフルの1秒診断とは、

  • 年齢
  • 雇用形態
  • 年収
  • 他社借入金額

を入力して融資可能かどうかを診断できる機能です。

実際に自分の情報を入力して以下のような診断結果が出たら申込みに踏み切れると思います。

事故や病気などの万が一の時、急な出費が重なった時などにアイフルは非常に便利です。

まずは気軽に1秒診断をして、申込みを検討することをおすすめします。

▼お申込みはこちらから▼

アイフル