急な出費を迫れらたときに手軽に融資を受けることができるカードローンは、非常に心強い存在であるものです。

しかし利用限度額の存在や、借入れ金に対して発生する金利の高さが気になってしまうという人は少なくないのではないでしょうか?

利用金利は低ければ低いほどありがたいものですが、アイフルなど大手のカードローン会社に限って利用金利の引き下げに応じてくれなさそうなイメージがあります。

当記事では

  • アイフルの金利の引き下げはしてもらえるの?
  • アイフルより金利が低いカードローンはどこ?

このような疑問にお答えして、アイフルの金利を引き下げる方法やアイフルより金利が低いカードローンをご紹介します。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

アイフルの金利は引き下げてもらえますか?
結論から言いますと、アイフルの金利は引き下げ可能です。ただし、誰もが引き下げてもらえるわえではありません。
アイフルの金利引き下げ方法を教えてください。
3つの方法があります。詳しくは記事で解説します。
アイフルより金利が低いカードローンはありますか?
プロミスなら上限金利がアイフルより低く設定されています。

アイフルの金利は引き下げできるの?

可能ということと、方法を解説してください

結論から言いますとアイフルの金利の引き下げは可能です。

では、どうすれば金利を引き下げてもらえるのか解説していきます。

まずはアイフルをはじめとするカードローンの金利の決まり方を説明します。

アイフルのカードローンの利用金利は?

アイフルの公式サイトのトップページには、利用金利が3.0%~18.0%と表示されています。

「3.0%なら利用しやすい!」

と感じますが、実際に利用すると適用される利用金利は3.0%を遥かに上回るケースが非常に多いと言えます。

アイフルのカードローンは融資限度額と年率の基準は以下の通りです。

アイフルのカードローンは融資限度額と年率の基準

  • 50万円以下の場合は年率18.0%
  • 100万円~300万円は年率15.0%
  • 300万円を越えると年率12.0%

以上の利息を想定し運営されています。

アイフルに限らずカードローンサービスを提供するカードローン会社は、「利息制限法」という法律で定められた利息を融資額に対して設定しています。

利息制限法では融資額によって利息の上限を制限しており簡単に説明すると10万円未満は年率20.0%、10万円~100万円が年率18.0%、100万円以上では年率15.0%となっています。

つまりアイフルのカードローンで設定されている利用金利は、利息制限法で定める法定利息の上限目一杯の数値に設定されていると言えるでしょう。

アイフルの金利は融資金額によって金利が決まります。

続いては、アイフルの金利を引き下げすることは可能かどうかを解説していきます。

アイフルの利用金利を引き下げることは可能か?

繰り返しになりますが、アイフルのカードローンの利用利息の引き下げは可能です。

となるとぜひともアイフルのカードローンの利用金利を引き下げたいものですが、アイフルのカードローンの利用金利を引き下げる方法はいくつか存在します。

今すぐ実行できるアイフルの金利を引き下げる方法

  1. 利息制限法を利用する
  2. 目的別ローンを利用する
  3. 交渉する

1.利息制限法を利用する(限度額を増額する)

アイフルのカードローンの利用金利を引き下げる方法の1つとして、アイフルなどのカードローン会社の金利設定に関わる利息制限法を利用する方法があります。

例えば現在アイフルから80万円~90万円の融資を受けている場合は、利用限度額を増額し100万円を超える融資を受けると利用金利は18.0%から15.0%へと引き下げることができます。

限度額 80万円~90万円 100万円
金利 18.0% 15.0%

2.目的別ローンを利用する

また目的別ローンを利用することで通常よりもアイフルのカードローンを低金利で利用することもできます。

アイフルでは以下のような目的別カードローン商品があります。

アイフルの目的別カードローン

  1. 冠婚葬祭ローン
    ブライダル費用や葬儀費用などに対応
  2. 医療ローン
    デンタルやメディカルなどの通院や出産や入院、介護費用などに対応
  3. 日常ローン
    教育費、家具・インテリア・車の購入、引越しなどに対応
  4. レジャーローン
    国内旅行、海外旅行、新婚旅行などに対応

ブライダル費用や葬儀費用などに対応する冠婚葬祭ローンや、デンタルやメディカルなどの通院や出産や入院、介護費用などに対応する医療ローンなどの目的別ローンの設定があります。

教育ローンや引っ越し、インテリア購入に対応する日常生活ローンや、レジャー費用に対応するレジャーローンなども低金利で利用できる目的別ローンです。

お金を使う目的が決まっている方は目的別カードローンを利用して少しでも低金利でお金を借りるのもおすすめです。

→アイフルの目的別カードローンの詳細はこちら

さらに積極的にアイフルのカードローンの利用金利を引き下げる方法が次の3番目の方法です。

3.交渉する

上記の2つの方法以外に「限度額や商品はそのままで金利の引き下げを交渉する」という方法があります。

上記で紹介したアイフルのカードローンの活用方法は、予めアイフルが設定している商品を利用することで低金利でアイフルのカードローンを利用する方法であり積極的な方法ではないと言えます。

限度額や商品はそのままで金利の引き下げを交渉には、「返済実績を積み上げること」が必要です。

「返済が大変だから金利の引き下げを考えているのに?」

と感じる人もいるでしょうが、返済実績を積み上げることはアイフルにとって「返済能力の高い優良顧客である」ということなので、返済実績なしにはアイフルとのカードローン引き下げの交渉余地はないと言えるでしょう。

続いては、金利の引き下げの交渉方法をご紹介します。

限度額や商品はそのままで金利の引き下げを交渉する方法

返済実績を積み上げることでアイフルにとって優良顧客であることを証明することができれば、アイフルの担当者と直接交渉して利用金利の引き下げを獲得できる可能性があります。

利用金利引き下げはオンラインや契約ルームで交渉することはできませんので、会員専用フリーダイヤルの営業時間内に電話で交渉を行います。

→アイフルの会員専用フリーダイヤルはこちら

金利引き下げ交渉を行う際には

  • 「今後も長期間にわたってアイフルを利用する意思があること」
  • 「アイフルは利便性が高いが他のカードローンより金利が高いのが残念」

などアイフルを利用したい気持ちと、金利を下げて欲しい気持ちを上手に伝えることが必要です。

利用金利の引き下げは通常営業マニュアルにないものですから、担当者に良い印象を持ってもらうことがポイントとなります。

交渉する前に確認していただきたいのが、以下のポイントです。

交渉を成立させる重要な4つのポイント

  1. これまで返済の滞納がない
  2. 利用限度額に余裕があり積極的に繰り上げ返済を行っている
  3. 返済期間が通算6ヶ月以上
  4. 契約時よりも収入が増えている

これらの条件を満たしている方が交渉成立の確率は高いです。

しかし金利の引き下げ交渉は簡単ではありません

当然引き下げができないケースがあります。

続いては、金利の引き下げが出来なかった場合の対策をご紹介します。

引き下げできなかった場合の対策

残念ながらアイフルで利用金利の引き下げ交渉が上手くいかなかった場合は、気持ちを切り替えて他のカードローン会社を開拓してみることも有効です。

カードローン大手のプロミスなどは、初期設定の利用金利がアイフルよりも低めに設定されているのでアイフルのカードローンからプロミスのカードローンへの乗り換えを行うのもおすすめだと言えます。

プロミスはカードローン新規利用申し込みの与信調査を通過した利用者に対し30日間無利息サービスの「フリーキャッシング」の提供や「利用金利は利用日数だけ」など積極的に低金利での融資を推し進めているカードローン会社だと言えるでしょう。

プロミスの利用金利は?

プロミスの公式サイト内で提示されている利用金利は4.5%~17.8%でアイフルの3.0%~18.0%と比べる設定している利用金利の上限がアイフルよりも低金利であることが判ります。

会社名 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 3.0%~18.0%

またアイフル以外のカードローン会社と比べてもプロミスの設定する利用金利は低金利で、カードローン業界で最も低金利で融資を行っているカードローン会社であると言えるでしょう。

プロミスの申込み方法

プロミスのカードローン新規利用申し込みは店頭でも公式サイトの中からでも行えます。

公式サイト内で行うWeb申し込みの受付時間は24時間となり、土日祝日でも関係な新規利用申し込みを行うことができるので、借入れしたいタイミングでいつでも利用開始することができます。

Web申し込みの場合は新規利用申し込みフォームに必要事項を入力し、送信すると一次審査が行われます。

一次審査を通過すれば09:00~21:00のプロミス営業時間内に新規利用申し込みフォームに入力した希望連絡先の電話に担当者から連絡が入り、二次審査に必要な情報を確認し問題が無ければプロミスカードローンの契約が成立します。

▼お申込みはこちら▼

プロミス

プロミスの申込に必要な書類

プロミスの申込みに必要な書類は以下の通りです。

プロミスの必要書類

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書

プロミスカードローンの新規利用申し込みの際はプロミスの与信調査が行われ、本人確認ができる運転免許証やパスポートなどの写真付き身分証明書か、健康保険証と住民票などの本人確認書類が必要となります。

またプロミスカードローンでの希望借入額が50万円を超える場合や、プロミスからの借入れ希望額が50万円以下の場合でも他のカードローン会社からの借入れ額とプロミスカードローンで希望する借入れ額の合計が100万円を超える場合は、収入証明書類の提出が必要となります。

プロミスカードローンの希望利用額が50万円以下で、他のカードローン会社からの借入れ額との合計が100万円以下の場合はプロミスに提出を求められない限りは収入証明書の提出の必要はありません。

プロミスは初回30日間は無利息

プロミスのカードローンでは新規利用申し込みの与信調査が完了すれば、初回借入れ期日から30日間無金利融資を受けられるサービス「フリーキャッシング」の提供を行っています。

30日間無利息サービス2つの条件

  1. メールアドレスを登録する
  2. Web明細の利用をする

この30日間無利息サービスを受けられるのは上記の2つの条件を満たしている方に限ります。

店頭での契約ではフリーキャッシングを利用することができません。

現在は多くの人がオンラインのWeb申し込みを利用していることから、問題はないと思います。

プロミスカードローンの新規利用申し込みはフリーキャッシングが利用できるオンラインのWeb申し込みで行うべきだと言えるでしょう。

▼3秒で借入診断も可能です▼

プロミス

プロミスのWEB契約なら当日中にお金を借りることもできる

多くのカードローンサービスを提供するカードローン会社が「スピード審査」を謳っていますが、プロミスでもオンラインのWeb申し込みで新規利用申し込みを行った場合最短30分のスピード審査を行っています。

ただしプロミスのスピード審査を利用するためには、プロミスの営業時間である9時~21時の間にWeb申し込みを行う必要があります。

営業時間内にWeb申し込みを行いプロミスの与信調査を通過すれば即日でフリーキャッシングサービスを利用しながらプロミスのカードローンの利用を開始することができます。

まとめ

当記事の内容をまとめていきます。

  • アイフルの金利の引き下げは可能
  • アイフルの金利の引き下げをする方法は以下の3つです
    1. 限度額の増額を申し出る
    2. 目的別ローンを利用する
    3. 金利の引き下げを交渉する
  • 金利の引き下げを交渉成立させるには以下の4つのポイントが重要です
    1. これまで返済の滞納をしていない
    2. 利用限度額に余裕があり、積極的に繰り上げ返済を行っている
    3. 返済期間が通算6ヶ月以上ある
    4. 契約時より収入が増えている
  • 金利の引き下げ交渉は簡単ではない
  • 交渉ができない場合はプロミスなどの他のカードローンを利用するのもおすすめです

金利の引き下げは誰もが望むものです。

しかし利用者が簡単に金利を引き下げてしまうとカードローン業者の利益は減ってしまいます。

こういった理由から、相当な優良顧客でないと金利の引き下げはできないのです。

難しいことに挑戦するより、他のカードローンを利用した方が賢い選択かもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。