• 「アイフルの審査に落ちたくない」
  • 「申込の際の借入希望額はいくらを入力すればいいの?」

カードローンの申込みでは分からないことがあると不安になりますよね。

当記事ではアイフルの申込時に多くの方が疑問に思う借入希望額や審査に通りやすくする方法を解説していきます。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

アイフルの審査と借入希望額は関係するの?
はい。適切な額を借入希望額として入力したほうが審査はスムーズになる可能性が高いです。
適切な額とはいくらですか?
収入や社会的信用度で決まります。詳細は記事内で説明していきます。
一度設定された限度額は増やせますか?
はい。限度額は増やすことが可能です。ただし増額の審査に通らないといけません。

▼お申込みはこちらから▼

アイフル

アイフルに申込みする時は利用限度額上限は〇万未満に設定するべき

申込み時の借入希望額は20万円未満にした方が審査がスムーズだということ(審査に通りやすい)と、その理由をまとめてください

アイフルのカードローンを利用する利用者にとって一番の関心事は「アイフルからいくらの融資を受けることができるか?」ではないでしょうか?

アイフルの公式サイト内では融資額が1~800万円となっています。

新規取引の申し込みフォームには「借入れ希望限度額」を入力するのですが、アイフルを含むカードローン会社では新規利用申し込みの際には与信調査が行われ、融資限度額が決定されます。

高額な融資限度額の入力は与信審査に影響を与える?

初めてアイフルを利用する人はアイフルに対する取引実績が全くない状態ですから、融資限度額を決めるのは与信調査の対象となる新規利用希望者本人の属性年収がポイントとなります。

本人の属性とは新規利用希望者の勤務先や勤続年数、年齢などを指します。

年収が融資限度額に影響するのは貸金業法の総量規制で、アイフルなどの「カードローンの個人向け無担保融資の借入上限額は利用者の年収の1/3まで」と定められていることが影響しています。

例えば年収150万円の人がアイフルなどのカードローンを利用して借入れることができるのは50万円までと言うことになります。

仮にアイフルから800万円の融資を受けようと考えるのであれば、2,400万円以上の年収が必要となることになります。

アイフルの初回の融資限度額の設定は公表されていませんが、一般的には10~50万円だと言われています。

10~50万円の融資限度額の中を10万円刻みで設定されていると考えると良いでしょう。

かといって50万円以上の融資を希望する場合は与信調査に源泉徴収書や確定申告書、給与明細などの収入証明書の提出が必要です。

初回からの高額融資希望の場合は与信調査が慎重となり時間がかかるうえに、与信調査の審査基準が厳しくなるというようにハードルが高くなるだけだと言えるでしょう。

与信調査では利用者の返済能力を重要視しますので、例え総量規制で定める融資上限が50万円の場合でも上限額の50万円を借入れ希望限度額とすると返済能力に疑問を持たれてしまいかねません。

新規利用申し込みの際の借入れ希望限度額は20万円未満に設定しておいた方が与信審査に有利になる可能性が高いと言えるでしょう。

新規申込の際の借入希望額は20万円未満に設定すると20万円以上の場合より審査に有利になる可能性が高いです。

続いては、限度額はアイフルの判断によって

限度額はアイフルの判断によって決定される

アイフルが提供するカードローンサービスは、アイフルの定める与信審査によって行われます。

貸金業法の総量規制では融資の上限額は定けられているものの、年収の1/3を超過しない範囲であれば融資限度額については規制を行っていません。

融資限度額の設定は各カードローン会社が行う与信審査で決定され、この金額に対して政府が関与することはありません。

つまり貸金業法の総量規制で50万円が融資上限額となるからといって、アイフルなどのカードローン会社が50万円を必ず融資する義務を負わされている訳ではないのです。

つまり、アイフルの審査によって限度額が決定されるのです。

またアイフルのカードローンを利用する利用者は、アイフルが提示した融資限度額を全て利用する必要もありません。

利用者はアイフルが定めた融資限度額の枠内で自分が決めた金額の融資を受けることができ、融資額をアイフルが指定することもあません。

アイフルなどのカードローンの限度額は総量規制の範囲内でカードローン業者の審査によって決定されます。

限度額は後から増額できる

アイフルのカードローンの新規利用申し込みの際に、借入れ希望限度額を低めに設定すれば与信審査の通過がスムーズになる可能性が高いことは既に紹介しました。

しかし、もっとお金を借りたい場合はどうすればいいのでしょうか。

実は、審査に通った後にアイフルのカードローンの利用限度額は変更することが可能です。

→【必読】アイフルの増額を申込みする方はこちら

アイフルの利用限度額の増額手続きとは?

アイフルの提供するカードローンは、契約後でも「利用限度額の増額申請手続き」を行うことで利用限度額(融資上限額)を増額することができます。

利用限度額の増額手続きを行い与信調査を通過すれば、仮に新規利用契約時に20万円であった融資上限額を30~50万円に引き上げることができます。

しかし利用限度額の増額手続きには新規利用申し込み時同様の与信審査が必要となりますので、申請を行えば誰でも利用限度額が増額されるというものではありません。

アイフルのカードローンの新規契約直後の、まだ完済実績がない状態で利用限度額の増額申請を行っても与信調査を通過するかどうかは疑わしいと言えます。

与信調査は利用者の返済能力を重視しますので、アイフルのカードローンで利用限度額の増額手続きを行う場合は少額の融資を受け完済した完済実績を積み上げ、アイフルに対して返済能力を証明してから行うべきだと言えるでしょう。

アイフルから利用限度額の増額を提案される場合もある!

アイフルではカードローン契約を結んだ後も、6ヶ月に1度の頻度で継続的に与信調査を行っています。

この与信調査の中で借入れ状況と返済実績のデータをコンピューターに入力し、利用限度額の増額が可能な優良顧客に対して利用限度額の増額の提案を行っています。

カードローンサービスを提供するアイフルは、融資が回収不能となるリスクを極力回避したいというのが本音ですから、借入れに対して確実な返済を行い完済実績を多く持つ顧客は「積極的にアイフルのカードローンを利用してもらいたい優良顧客」ということになります。

クレジットカード会社がクレジット・ヒストリーという利用履歴を重要視するように、アイフルでは融資の完済率は高く評価される実績となります。

アイフルの利用限度額の増額手続きのしかたとは?

アイフルが提供するカードローンの利用限度額の増額手続きは、以下の3つの方法があります。

カードローンの利用限度額の増額手続き3つの方法

  1. アイフルの公式サイトで行う方法
  2. 女性専用を含む会員専用ダイヤルから行う方法
  3. アイフルの店頭窓口や無人契約機から行う方法

1~3それぞれを詳しく解説していきます。

1.アイフルの公式サイトで行う方法

アイフルの公式サイトからの手続きインターネットでアイフルの公式サイト内の会員ページにログインし、利用限度額の増額申し込みを行います。

増額申し込み手続きは24時間行えますが、与信審査は平日09:00~18:00の間に行われます。

2.電話を利用した手続き

アイフルのコールセンターへ電話をかけ、利用限度額の増額手続きを行えます。

電話での申し込みは与信審査が行われる平日09:00~18:00の間となります。

→アイフルの問い合わせ先はこちら

3.アイフルの店頭や無人契約機での手続き

全国で20店舗以上展開しているアイフルの店頭窓口や、550ヶ所あまりの無人契約機からでも利用限度額の増額手続きを行うことができます。

無人契約機の場合は土日祝日でも増額手続きや与信審査を受けることができるので、急な出費が発生した場合などには非常に便利だと言えます。

利用限度額の増額希望額が収入証明書が必要となる50万円以下であれば最短30分で与信調査が完了しますので、アイフルのカードローンは低めの借入希望限度額で契約を結び、返済実績を重ねて利用限度額の増額を行いながら利用するのが理想的だと言えるでしょう。

→アイフルの店頭や無人契約機の検索はこちら

→【必読】アイフルの増額を申込みする方はこちら

  • アイフルでは審査に通った後に限度額の増額を申し出ることができます
  • アイフルから提案される場合もあります
  • 申込みは3つの方法があります
  • 申込みを考えている方は【必読】アイフルの増額方法を確認しておきましょう

どうしてももっとお金を借りたい時は

アイフルのカードローンで利用限度額の増額ができなかった場合で、貸金業法の総量規制で定められる「年収の1/3」の金額に達していない場合はどうすればいいのでしょうか。

今契約しているカードローンで増額が出来なかった時はアイフルとプロミスなどの複数のカードローン会社から融資を受ける方法があります。

しかしこの方法で融資を受ける場合、1つのカードローン会社から総量規制で定める借入れ上限額ギリギリまでの借入を行っていると、他のカードローン会社の与信調査を通過できない可能性があります。

複数のカードローン会社から受ける場合、融資のバランスを考える必要があると言えるでしょう。

貸金法で定める借入れ上限額が50万円の場合で30万円の融資を受けたい場合は、借入希望限度額を与信調査が通過しやすい20万円程度に抑え1社から15万円ずつ融資を受ければ両社に5万円ずつの余裕を残して借入れすることができます。

バランス良く計画的に融資を受けることがカードローンを上手に活用するポイントだと言えるでしょう。

今契約しているカードローンの増額ができない場合は新たにカードローンを契約するのも手段です。

その際は、融資のバランスと総量規制を考えた上で借入希望額を決定しましょう。

▼お申込みはこちらから▼

アイフル