• 「バイト代が入るまで生活が苦しい」
  • 「学費が少しだけ足りない」
  • 「急なコンパに誘われたけどお金がない」

様々な理由で、お金でお困りな学生は少なくないでしょう。

親には仕送りしてもらっていてお金を借りることが難しい、学生ローンだと結局親バレするのではと不安な学生はアイフルで借入する選択肢を考えたことがありますか?

お金の工面は中々難しいものです。

それでもどうしてもピンチな時、親や友人、学校やバイト先に内緒でお金を借りるなら審査も早いアイフルを選ぶのは賢い選択かもしれませんね。

「時間はあるけどお金がない、でも学生の今しかできないことを逃したくない!」

そんな学生がアイフルを利用する条件や親バレしない方法などをまとめました。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

アイフルは学生にもお金を貸してくれますか?
はい。アイフルは条件を満たした学生にもお金を貸してくれます。
条件とは何ですか?
満20歳以上であることと、安定した収入があることです。
アルバイトも安定した収入として認められますか?
はい。アルバイトでも長期的に継続できているなら安定した収入として認められます。

▼お申込みはこちらから▼

アイフル

アイフルは学生もお金を借りられるの?

カードローンの中には「学生」というだけで申し込みが不可能なものも少なくありませんが、アイフルは学生でもお金を借りることはできます

しかし、何百万も借りられるわけではなく学生向けには借入限度額に制限があり高額な借り入れは行えません。

ですが、数万円ほどでしたら貸してもらえるのでアイフルのカードローンは学生にとっても非常に便利です。

では、契約の際は親が保証人になるのでしょうか。

親にカードローンの利用をしれれたくない方にとって重要な問題ですよね。

詳しく解説していきます。

親が保証人になるの?

お金を借りると聞くと保証人が必要になるのではないかとまず思い浮かぶのではないでしょうか。

学生ローンなどの場合、親が保証人として必要な場合が多いですがアイフルでお金を借りる場合は一般的に保証人が不要で、これは学生でも同じです。

ただし、高額すぎる融資を希望する際や複数社から借り入れをしている・過去に任意整理や自己破産をしているなどの貸付対象者側に特殊な事情がある場合は保証人を求められることもあるようです。

とはいえ、上記にあげた例のような特殊な事情がありお金を借りたい学生はそこまで多くないかと思います。

普通の学生なら、保証人は不要であり、親に同意を得る必要はないと考えていいでしょう。

ここまでで、学生でも親に知られずにアイフルを利用できることが分かりました。

続いては、アイフルに学生が申込み条件を解説していきます。

アイフルに学生が申し込む条件

アイフルで学生もお金を借りることができますがお金を借りるので無条件に借りれるわけではありません。

学生がアイフルで申し込むためには下記の条件を満たす必要があります。

学生がアイフルで申し込む2つの条件

  1. 申し込み時に年齢が満20歳以上である
  2. 安定した収入があり、返済能力を持っている

それぞれについて分かりやすく説明していきますね。

1.申し込み時に年齢が満20歳以上である

アイフルだけではなくカードローンの貸付対象者は年齢が満20歳以上65歳未満という基準が原則として存在します。

未成年の方は残念ながらアイフルの貸付対象者の基準に満たないため借りることができません。

これは未成年の契約は保護者によって破棄ができると民法で定まっているためです。

簡単に言いますと未成年との独自契約は責任能力がないため、無効にできるということですね。

2.安定した収入があり、返済能力を持っている

また、安定した収入とは定期的な収入を示しており、アルバイトやパートの場合でも信用情報に問題がなければお金を借りられる可能性は十分あります。

ただし、短期バイトや日雇いバイトの場合は定期的な収入と言えずアイフルからお金を借りるのは難しいかもしれません。

以上をまとめますと学生がアイフルに申し込むには

長期契約のアルバイトをし、年齢が満20歳以上であるのが審査を通る条件

と言えます。

そこまで難しい条件ではないと思います。

続いては、学生にとってのアイフルのメリットとデメリットをまとめました。

学生にとってのアイフルのメリット

3つのメリット

  1. 「初回30日間無利息」のサービスがる
  2. お金の使用目的や用途が自由
  3. コンビニのATMで取引できる

それぞれを解説していきます。

1.「初回30日間無利息」のサービスがる

アイフルには「初回30日間無利息」のサービスがあります。

初回のみとは言え、学費の支払いなどで少しだけ借りて次の収入で返済をするなど予定が決まっている場合は
実質利息がない扱いになります。

もし、1日目10万円を借りて、10日目に20万円を借りたとしても、初回利用時から30日以内に総額の30万円を返済できれば利息は1円も発生しません。

無利息の期間中なら友達との旅行用に大きな金額をまとめて借り、使わなかった分を期間内ですべて返済するということもできます。

2.お金の使用目的や用途が自由

学生ローンは教育目的での用途でしか使えませんが

アイフルには貸したお金の使用目的や用途は問いません

旅行などをはじめとした娯楽目的など、学生本人が自由に使えるお金を借りることができます。

また審査も早く、無人契約機などで申し込んだ場合、その日にカードが発行され、その日のうちにお金を借りることができる場合も多いです。

急な飲み会ですぐにお金が必要な場合も、即日で借入ができれば安心ですね。

3.コンビニのATMで取引できる

借入方法についてもコンビニなどからでも24時間365日利用することができるのも便利で安心な部分です。

学生がお金を借りる場合、親には内緒での利用を希望したい場合が大半かと思われますがコンビニのATMからの借り入れ操作であれば一見では銀行口座から引き出しているだけに見えますからこっそり借りたい学生におすすめです。

親だけでなく友達やバイト先など、お金を借りていることを隠したい方と偶然その場でばったり会っても安心です

学生にとってのアイフルのデメリット

 3つのデメリット

  1. 金利がやや高め
  2. カードで親バレの可能性がある
  3. 必要書類がある

1.金利がやや高め

アイフルの金利は年3.0~18.0%に設定されており学生ローンなどと比較すると金利がやや高めとなっています。

(ただカードローン業界ではアイフルの金利は平均的です。)

学生ローンも種類によって金利は異なりますが、高くても年17%が金利の上限となっています。

ただし、学生の場合は借り入れ可能上限額も高くないため、金利の違いは大きく影響しないでしょう。

お金を借りてもすぐに返済すればこの部分は問題ないでしょう。

2.カードで親バレの可能性がある

学生のカードローンが親にバレる原因の1つがカードを見られてしまうことです。

一般的にカードローンはカードを作成する必要があります。

しかし、アイフルの場合はカードレスで契約ができます。

カードレスなら親バレの可能性を低くできます。

申込みはWEB契約で行い、カードレス口座振替を選択しましょう。

3.必要書類がある

WEB、郵送、アイフルの無人契約機に来店にしろ、最初の申し込みで面倒な部分はあります。

特に申し込み時は本人確認書類や収入証明書類が必要になります。

健康保険証、パスポート、年金手帳など本人確認書類になるものは数多くありますが顔写真つきの本人確認書類がない場合は2点以上の提出が必要となり、これも準備するのが少し面倒だったりします。

また、本人確認書類の中には発行から6か月以内までのものが有効など期限があるものもあるため、必ず申し込む前にアイフルのサイトなどで必要書類を確認することをおすすめいたします。

しかし、大手カードローンはどこでも必要書類の提出は必須です。

むしろ、簡単にお金を貸してくる業者からは絶対にお金を借りてはいけません

必ず信用できる大手カードローンを利用しましょう。

親バレしない方法

基本的にアイフルの利用で親バレすることはほぼありません。

アイフルが利用者(契約者)の情報を本人以外の第三者に漏らすことはないからです。

昨今はプライバシーの保護と情報漏洩は多くの企業が注意を払っていますがアイフルも利用者の情報に関しては非常に気を使っています。

カードレスを選択した場合はもちろん持ち物でバレる可能性はほぼ0です。

カードを発行した場合も、封筒を見ただけではアイフルからとはわからないようになっています。

また、事前にアイフルに相談することで親バレしないよう最大限の配慮をしていただくことも可能です。

そもそも、カード自体の受け取りが本人確認が必要なので、親が代わりに受け取ることができないようになっています。

契約後だけではなく、実際にアイフルからお金を借りた後もバレることはありません。

クレジットカードなどと違い利用明細などは送られてきません。

ATMで貸し借りを行った際に明細が発行されますので確認後、不要であればその場でゴミ箱に捨ててしまいましょう。

また、電話などの連絡先も契約者が都合のいい連絡先を指定できますので自分の携帯電話の番号を指定すれば家族に連絡がいくことはまずないです。

ただし、返済に遅れが発生している場合などはこの限りではなく催促状などが届く場合がありますので注意が必要です。

もしも親バレするとしたら財布の中にアイフルのカードを見える位置に入れていたなど本人の管理の甘さがあった場合でしょう。

カードレス契約を選択し、きちんと返済を行えばアイフル側が原因で親バレの可能性は低いので借りたら遅れず返済をするを徹底すればほぼ問題ないでしょう。

まとめ

学生がアイフルに申込み、利用をする際に知っておくべきことをまとめておきます。

  • アイフルは学生も利用できます
  • 保証人は要りませんので親に知らせなくても契約できます
  • 学生がアイフルを申し込むには2つの条件があります
    1. 申込み時に年齢が満20歳以上であること
    2. 安定した収入があり、返済能力を持っていること
  • 安定した収入とは、アルバイトでもOKです
  • 学生にとってのアイフルのメリットは以下の3点です
    1. 初回30日無利息サービスがある
    2. お金の使用目的や用途は自由である
    3. コンビニのATMで取引ができる
  • 学生にとってのアイフルのデメリットは以下の3点です
    1. 金利が高め
      アイフルはカードローンで一般的な金利です。金利が安すぎる業者は要注意です。
    2. カードで親バレする可能性がある
      カードレス契約をすればカードの発行はされません。
    3. 必要書類がある
      アイフルに限らず、どのカードローンでも必要書類の提出は必須です。
  • カードレス契約で返済を滞納したりしなければアイフルが原因で親バレする可能性は非常に低いです

いかがでしたか?

時間はあるのにお金がないために学生時代にしかできない経験を逃すのはもったいないですよね。

今の時代、カードローンを利用することは珍しいことではありませんし、悪いことではありません。

きちんと契約を結び、ルールを厳守して利用すれば全く問題ありません。

迷っている方は申込だけ行い、よく考えてから利用するのもいいと思います。

お金が原因でチャンスを逃さない様に、貴重な学生時代を過ごしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

▼お申込みはこちらから▼

アイフル