• 「外国人もアイフルを利用できるの?」
  • 「日本国籍がないけど申込みができる?」

日本に住んでいる外国人からのカードローンの需要は高まっています。

当記事では外国人もアイフルでお金を借りれるのか?日本国籍は必須なのかどうかを解説していきます。

詳しくは本文にて解説しているので、より詳しく知りたい方はこの記事をしっかりと読んで対策してください。

アイフルは外国人も利用できるの?
はい。条件を満たして審査に通った場合は利用ができます。
日本国籍は必須ですか?
日本国籍がなくても利用できます。
その他の条件は何ですか?
安定した収入があること、満20歳以上満69歳までの方、特別永住者証明書(永住カード)か在留カードを持っている方、日本語の読み書きができる方であることが条件です。

▼お申込みはこちらから▼

アイフル

アイフルは外国人でもお金を借りれる?日本国籍は必須条件?

結論からいうと外国人でもお金を借りることができます

日本のカードローンは外国人にとっとは結構ハードルが高いと言われていますが、きちんと書類を揃えれば審査を受けることが可能です。

もちろん収入がない人は審査を通すのは難しいです。

日本でしっかり仕事に就き毎月安定した収入を得ている人であれば借りることは可能です。

外国人で気にするかもしれない1つが国籍かと思いますがどこのカードローンであっても国籍は借りれる条件には入っていないので心配はいりません。

しかし、アイフルと契約・利用する際に必要な日本語を読み書きする能力は必須です

なぜならアイフルなどカードローン業者のスタッフはみな日本人ですし言葉が分からない事もあります。

それに必要な書類は全て日本語で書かれているため契約書にサインする際、意味がわからないまま契約してしまうと返済日もよくわかない状態で期限をすぎてしまえば色々不都合があります。

サインする=契約内容を理解しているという事なので反論はできなくなるのである程度の語学力は必要です。

また外国人がお金を借りるのに大切なのが在留カード特別永住者証明書(永住カード)です。

これは持っていない人がお金を借りたまま母国に帰ってしまうと取り立てするのが難しくなり完済されないままになってしまう可能性が高いからです。

日本から離れてしまえば裁判をすることが難しくなってしまいます。

  • 外国人もアイフルの申込みができます
  • 日本国籍はなくても申込み可能です
  • 日本語を読み書きする能力が必要です

今でも日本には外国人が多いですがまだまだこれから増える見込みはあります。

そうなると条件が厳しくなっていく可能性がありますので、条件を満たしている方は早めの申込みがおすすめです。

続いては、外国人がアイフルの申込みをする際の条件と必要書類について詳しく解説していきます。

申込みの条件と必要書類は?

アイフルは外国の方でも借りることできますがその為には在留カード特別永住者証明書(永住カード)が必要です。

そして日本語の読み書きができて、安定した収入を得ていることが条件です。

もちろん年齢の条件も日本人と同様に満20歳以上満69歳までの方に限ります。

外国人がアイフルに申し込むのに必要な条件

  1. 在留カードか特別永住者証明書(永住カード)を持っている
  2. 日本語の読み書きができる
  3. 毎月安定した収入がある
  4. 満20歳以上69歳までの方

以上を満たしている方なら次の書類をまとめて用意すれば申込みができます。

アイフルでは借り入れ額により必要書類が異なり50万円以下なら本人確認書類のみ、50万以上なら本人確認+収入証明書が必要になります。

本人確認書類

名前と住所、生年月日と顔写真が記載されているものたら本人確認書類として認められます。

免許証や個人カード、パスポートが一般的に本人確認書類として提出されています。

アイフルでは本人確認書類でも利用出来るものが多いので財布を開けば入っているものもありますし自分の1番準備しやすいもので揃えましょう。

本人確認書類で1番信用を得やすいのが運転免許証です。

免許証を持っていない外国人の方ではパスポートを提出する方が多いと思います。

その時に顔写真のページと手書きの所持人記入欄ページが必要になりますが住所の変更を行っていないままにしている人も多いのでしっかり確認しておいてください。

外国人の方はこの本人確認書類に特別永住者証明書在留カードのどちらかを用意する必要があります。

ではこの特別永住者証明書や在留カードはどうやって発行するのかというと、日本に入国した時にパスポートに上陸許可を貰うことかでき中期または長期の在留者として在留カードを貰うことができます。

もし10年以上日本で暮らしている方は法務省で申請すれば特別永住者証明書を発行してもらう事ができるので今後お金を借りたいと思っている人は早めに申請に行ってください。

収入証明書

借り入れしたい額が50万を超える場合は上記にあげたもの以外に収入証明書が必要です。

収入証明書として認められるのは以下の5つのうちいずれかです。

  1. 源泉徴収票
    これは収入証明の中では1番信頼のある書類の1つになり、年収に関わる情報もこと細かく記載されています。収入証明書としてはかなり信用の高いものになるので名前や住所の間違いや勤務先の記載、年収の明記など間違いがないかをしっかり確認してください。ちなみに年金なもの源泉徴収票と退職所得証明書は使えないので注意です。
  2. 給与明細書
    アイフルは給与明細も収入証明書として提出できるようになっています。この給与明細は直近2ヶ月分になるので残して置いてください。名前や勤務先、総支払額、発行された月がしっかり明記してあるかを確認して手書きで書かれている部分は勤務先の社判が必要なので確認を忘れずにしてください。
  3. 課税証明書
    市役所や区役所で発行してもらえるものになり、住民登録をしている人なら誰でも取ることができます。名前や住所が正確か収入額と所得がしっかり埋まっているか、市町村の発行印があるか確認してください。
  4. 住民税決定通知書
    毎年5月から6月に勤務先を経由して交付されるものになります。自営業をしている方は直接送られてきますが最新の物を提出しないといけないので間違えないように注意してください。これは再発行できないものになるので無くさないようにしてください。もし手元にない時はほかの収入証明書を提出してください。
  5. 確定申告書
    これも提出できる書類の1つで今年度の発行されたものが有効になります。ただし、申し込みするのが1月~3月の場合は前年度発行のものでも大丈夫です。

続いては、外国人がアイフルの審査に通るためのポイントを解説していきます。

外国人がアイフルの審査に通るための3つのポイント

審査基準ははっきりと明記されていませんが、なるべく審査に通りやすいポイントは押さえておきましょう。

外国人がアイフルの審査に通るためには以下の3つのポイントを押さえてください。

  1. 必要書類を全部用意する
    当たり前ですが書類が全部用意できてないと審査にも通して貰えません。永住権や在留カードそして収入証明書もしっかり用意してください。永住権も有効期限がどれぐらいあるかにより審査も変わってくるのでそこは注意するポイントになります。
  2. 収入が安定している
    収入の安定性などは審査にも影響してきます。融資する側もある程度返済能力がない人には貸したくないので収入がない人は難しいです。働いている方は、半年以上同じ職場の実績は必要です。職について半年経ってから申し込む方が審査に有利になる可能性が高いです。
  3. 日本語でコミュニケーションができる
    外国人の方だとどれぐらい日本語が話せるかというのも審査基準に入る場合があります。最低でも日常会話レベルのコミュニケーションは取れるようにしておいてください。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 外国人もアイフルを利用できます
  • 日本国籍がなくても利用できます
  • 日本語の読み書きは必須です
  • 在留カード特別永住者証明書(永住カード)は必要です
  • 安定した収入が必要です
  • 満20歳以上69歳までの方に限ります
  • 本人確認書類収入証明書(50万円以上借りたい方)を用意しましょう

以上を理解した上で申込みを行いましょう。

一般的にアイフルに申し込む条件

  • 満20歳以上満69歳までの方
  • 安定した収入がある方

外国人の場合は

  • 特別永住者証明書(永住カード)か在留カードを持っている方
  • 日本語の読み書きができる方

外国人が特に審査に通るのが難しいわけではありません。

しかし日本語の読み書きは無理をして理解したフリをしてはいけません。

理解ができていない契約をして困るのは自分自身です。

誰も責任を取ってはくれません。

正直に分からないことは分からないと伝えて契約を行いましょう。

その際に、あなたの日本語の理解度では契約が難しいとアイフルに判断された場合は潔く諦めましょう。

アイフルもお金を貸すのが仕事なので多くの方に貸したいはずです。

それでも契約が難しいと判断されたのは、お互いの為です。

トラブルや事故を起こさない為にもプロの判断に従いましょう。

そして日本語のレベルがアップした頃にまた再度アイフルの審査に挑戦すればいいのです。

カードローンはルール厳守です。

自分が理解できる契約を結び、ルールを守って利用しましょう。

▼お申込みはこちらから▼

アイフル