「アコムに申込みをして、すぐにお金を借りたい!」

「とりあえずアコムの審査に通過したい」

そのような急ぎの場合、審査落ちが心配な場合は申込みの借入希望額の額を何となく入力してはいけません。

借入希望額の入力のポイントを知らないと審査に時間がかかったり、審査が厳しくなる可能性があります。

当記事では、少しでもアコムの審査が厳しくならないように、時間がかからないようにするために知っておきたい借入希望額の入力方法をまとめました。

アコム公式サイト

借入希望額が高いと審査が厳しくなるの?

結論から言いますと、”借入希望額が高ければ高いほどアコムの審査に時間がかかる”と言われています。

アコムに申込みをすると、借入希望額に見合った収入か、職場か、勤続年数か、他社カードローンから借入はあるのか、いくらかなど、様々な視点から審査が行われます。

その際、やはり借入希望額が高ければ高いほど厳しいチェックが行われるので、審査は時間がかかり、審査のボーダーラインも高くなっていく(審査が厳しくなる)というわけです。

では、借入希望額はいくらくらいがいいのでしょうか。

借入希望額が高いと審査が厳しくなるの?

借入希望額が高ければ高いほど厳しいチェックが行われるので、審査は時間がかかり、審査のボーダーラインも高くなっていく(審査が厳しくなる)

借入希望額は少なめに申請したい

具体的に言うと、申込み時の借入希望額は10万円~20万円にすることをおすすめします。借入希望額が10万円~20万円の場合は、審査がスムーズだったという方は多いです。

借入希望額をもっと高くしたいという気持ちは分かりますが、先ほども触れたように借入希望額は高ければ高いほど審査は時間がかかり、厳しくなる傾向があります。まずは審査に通るために、借入希望額は10万円~20万円がおすすめです。

限度額が高い方が安心ですし、金利も下がりますがアコム利用開始時から限度額が800万円なんて場合は少ないのです。

借入希望額は少なめに申請したい

申込み時の借入希望額は10万円~20万円がおすすめ。審査がスムーズの場合が多い

利用限度額は審査通過後に増やすことができる

アコムの利用限度額は利用開始後に増やすことが可能です。例えば、利用限度額が10万円から20万円に増額した場合、今までより追加で10万円借りることができます。

半年以上の利用実績があり、返済も滞りなくルールを守って利用できていて、”契約極度額の増額の申請”に通った場合に可能になります。

過去に一回でも返済遅延をした場合は”契約極度額の増額の申請”には通らないものと考えておきましょう。

利用限度額は審査通過後に増やすことができる

半年のアコム利用実績や返済遅延がなく、審査に通過すれば利用限度額は増やすことができる

利用限度額の増額の3つのポイント

アコムの利用限度額の増額はトライしやすい仕組みになっています。

  1. 原則、申込の当日に審査結果が来ます
  2. 申込方法が多数
  3. 土日祝日でも審査可能

利用限度額の増額方法

利用限度額の増額の申込みをアコムでは”極度額増額の申込”と言います。

アコムで”極度額増額の申込”を行うには、アコム総合カードローンデスクに電話をしましょう。担当者が丁寧に対応してくれます。

電話以外でも会員ページやアコムATM、むじんくん(自動契約機)、店頭窓口でも”極度額増額の申込”はできます。

申込方法 受付時間
会員ページ 24時間※1
アコムのATM 24時間※1
アコム総合カードローンデスク 9時~18時(土日祝日は休業)
むじんくん(自動契約機) 年中無休(年末年始は除く)※2
店頭窓口 9時半~18時(土日祝日は休業)※3

※1 21時50分~8時に申込みをした場合は9時以降に回答されます

※2 一部店舗は営業時間が異なります。本人確認のために運転免許証などの本人確認書類を準備してください

※3 本人確認書類を準備しておきましょう

→アコム会員ページはこちら

→アコムの店舗・ATM検索はこちら

利用限度額が50万円を超える場合は収入証明書が必要

以下の3つの条件に当てはまる場合は収入証明書が必要です。

収入証明書が必要な3つの場合

  1. アコムの利用限度額が50万円以上になる場合
  2. アコムの利用限度額と他社カードローンからの借入の合計が100万円以上になる場合
  3. 既に提出した収入証明書が3年以上前のものである場合

以上の場合は収入証明書が必要です。必要な収入証明書は以下の中から1点です。

  • 源泉徴収票
    勤務先から交付(再交付も可能)される収入証明書類
  • 給与明細書(直近1ヶ月)
    勤務先から交付される給与明細書
    <注意点>
    ・住民税(地方税)の記載がない場合は直近2ヵ月分が必要となります。
    ・本人の氏名、発行年数、勤務先名(発行元)、月収が明記されていることを確認してください。記載内容が手書きの場合は勤務先の社判または社印が必須です。担当印だけでは認められません
    ・入社が前年1月以降の方は原則直近の給与明細書2か月分を提出してください
  • 市民税、県民税額決定通知書(最新年度のもの)
    市町村役場から交付される収入証明書
  • 所得証明書(最新年度のもの)
    市町村役場または税務署で取得できる収入証明書類

事前に準備をしてスムーズに申込みを行いましょう。

アコム公式サイト

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 借入希望額が高いと審査に時間がかかり、厳しくなる傾向がある
  • 借入希望額は10万円~20万円がおすすめ
  • 利用限度額は審査通過後に増やすことが可能
  • 利用限度額の増額3つのポイント
    • 原則、申込みの当日に審査結果が来ます
    • 申込方法が多数
    • 土日祝日も審査可能
  • 利用限度額の増額の申込方法
    • 会員ページ
    • アコムのATM
    • アコム総合カードローンデスク
    • むじんくん(自動契約機)
    • 店頭窓口
  • 利用限度額が50万円を超える場合は収入証明書が必要
  • 収支内訳書は以下の中から1点
    • 源泉徴収票
    • 給与明細書
    • 市民税、県民税額決定通知書
    • 所得証明書

このような利用方法や仕組みはポイントを知っておくだけで非常に賢くカードローンを利用できるようになります。

審査に通る確率や支払う利息も違ってきますので、申込の際には是非参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

アコム公式サイト