アコムは専業主婦やフリーターでも安定した収入があれば審査に通る事ができます。

しかし、他社カードローンからの借入がある場合は審査に不利にならないか気になりますよね。

基本的には他社カードローンを利用していてもアコムの審査には通ります。しかし、状況や金額によってはアコムの審査に通ることは厳しいと言えます。

当記事では、アコムの審査に他社借入は影響するのか、どういったポイントが影響するのか、また対処法をまとめました。

自分はアコムの審査に通る見込みがあるのか気になる方は、アコム公式ページでできる3秒診断がおすすめです。

3秒診断では、簡単な質問に回答するだけでアコムからの借入が可能か不可能か診断してもらえます。入力項目は年齢年収(総支給額)カードローン他社借入状況の3点のみです。

その名の通り3秒で簡単なので、悩んでいる方にはおすすめですよ。

acom

他社借入はアコムの審査に不利なの?

では、他社借入がある方はアコムの審査に影響するのかを説明します。

まず、他社借入とは、クレジットカードでのキャッシングや他社カードローンの利用を指します。

そして他社借入として見なされないのは通常のクレジットカードの利用(買い物分)、住宅ローン、マイカーローンです。

これらの他社借入の件数が多ければ多いほどアコムの審査は不利になります。

やはり他社借入の件数が多いと、アコムへの支払が滞る可能性があると見なされるわけです。

具体的に他社借入が何件以上あるとアコムの審査に不利になるかと言いますと、3件以上の他社借入がボーダーラインと言われています。3件以下でも借入額や収入の問題から審査に落ちる場合もあります。

他社借入はアコムの審査に不利なのか?

他社借入の件数が多ければ多いほどアコムの審査は厳しくなり、3件以上の他社借入がボーダーラインと言われています。

他社借入があってもアコムの審査に通るポイント

いくら収入が多くて、過去に返済延滞履歴などの金融事故がない方でも他社借入があることでアコムの審査に絶対に通らないポイントがあります。

それは、総量規制です。

総量規制とは、年収の3分の1以上の借入が出来ない規制のことです。これは身の丈に合っていない借り入れを防ぐための法律です。

ここで言う年収とは給料、ボーナス、年金、副業の収入などを指します。

宝くじやまだ円にしていない仮想通貨などは含みません。

例えば、年収120万年のAさんは40万円以上の借入をカードローンからしてはいけません。プロミスで既に30万円の借入をしている場合、アコムの申込をするときの借入希望額は10万円以下を入力しなければ審査に通るのは難しいです。

他社借入がある方がアコムの審査に通る条件

  • 既に他社借入額が年収の3分の1以上ある方
    借入額が年収の3分の1より少なくなるように減らしましょう
  • 他社借入額が年収の3分の1以下の方
    アコムに申し込む時の借入希望額を年収の3分の1-他社借入額にしましょう

他社借入があってもアコムの審査に通るポイント

いくら収入が多くて、過去に返済延滞履歴などの金融事故がない方でも総量規制内の範囲内でないと、アコムの審査に絶対に通りません

審査に落ちた原因が総量規制の時の対処

おそらく他社借入が原因でアコムの審査に落ちたという方は、他のカードローンの審査にも落ちる可能性があります。

銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、アコムやプロミスが厳しいなら銀行系カードローンに申し込むと考える方は多いですが、基本的に銀行系カードローンは審査が厳しいので期待はできません。

他社借入を返済し、債務整理を行い、それからアコムの申込みをもう一度トライする方法が一番早いです。

ただ、あまりにも短期間にいくつものカードローンに申込みを行っていると、”お金がなくて困っている要注意人物”として見なされます。そうなると審査にはますます不利になっていきますので半年以上開けて申し込むすることをおすすめします。

審査に落ちた原因が総量規制の時の対処

他社借入を返済し、債務整理を行い、それからアコムの申込みをもう一度トライする

他社借入の誤魔化しは通用しない

本当は他社借入があるのに、他社借入がないように、または実際よりも少なく虚偽の入力をすればアコムの審査に通るかなと考える方がいますが、そのような虚偽の申請はアコムには通用しませんので気を付けましょう。

アコムは申込があった時点で審査のために申込者の信用情報を確認します。

つまり、そこで他社借入額や履歴がすべて明るみになります。虚偽の入力をしたところで、すぐにアコムにバレて審査に通ることが厳しくなります。

アコムに申込みをする際は、かならず真実を申告しましょう。虚偽の申告は審査に通らなくなる原因となります。

アコムに虚偽の申請をするとどうなる?

アコムに虚偽の申請は通用しません。かえって審査に通らなくなるので、必ず真実を申告しましょう。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 他社借入の件数が多ければ多いほどアコムの審査は不利になる
  • 他社借入があり、アコムに申し込む場合は総量規制の範囲内の額を希望すること
  • 総量規制の範囲を超えてしまい、アコムの審査に落ちた場合は、他社借入を返済するなどの債務整理を行い、総量規制の範囲内でアコムに再申込みを行いましょう
  • 他社借入の有無や額を少なく見積もったりの虚偽の申請はアコムにすぐばれるので、必ず真実を申請しましょう

以上が当記事の内容です。

冒頭でもご紹介した通り、自分はアコムの審査に通る見込みがあるのか気になる方は、アコム公式ページでできる3秒診断がおすすめです。

3秒診断では、簡単な質問に回答するだけでアコムからの借入が可能か不可能か診断してもらえます。入力項目は年齢年収(総支給額)カードローン他社借入状況の3点のみです。

3秒で簡単に診断できるので、悩んでいる方にはおすすめですよ。

acom