アコムを利用する際に、親や学校に余計な心配をされるなどの干渉されるのは嫌ですよね。

当記事では、親バレ・学校バレは起こり得るかどうか。さらには、その対策をまとめました。

カードローンの利用が初めての方、絶対に親や友人にアコムの利用がバレたくない方は読んでおいて損はありません。

アコムは学生でも借りれる?

アコムの公式ホームページには申込み条件は以下のように記載されています。

次に了承事項と注意点は以下のように記載されています。

学生はNGという項目はありません。

つまりアコムは「20歳以上でアルバイト収入がある学生も申込みは可能」ということが分かります。

親バレ・学校バレは起こり得る?

では、学生なら多くの方が気になる「親バレ・学校バレ」の可能性と対策についてまとめました。

専門用語ゼロで解説しているので安心してください。

親バレする可能性

  1. 実家に郵送物が送付される
  2. 実家に電話連絡が来る

それぞれについて解説してきます。

  1. 実家に郵送物が送付される

    結論から言いますと、「むじんくん(自動契約機)や店頭窓口で契約する場合は、アコムから自宅に郵送物が届くことはありません。」そして、アコムから郵送物が届く場合は「ACサービスセンター」という名義になっていて「アコム」という文字は一切書かれていません。
  2. 実家に電話連絡が来る

    申込みをすると、アコムが確認のために携帯電話・自宅・勤務先に電話をする場合があります。しかし、アコムから自宅に電話がかかってくることはほぼありませんし(返済が滞ているなどの異常事態を除く)アコムはしっかりと配慮してくれます。担当者の個人名で連絡してくれるので、アコムの利用が直接バレることはありません。
学校バレの可能性

  1. アコムが学校に連絡する

それぞれについて解説してきます。

  1. アコムが学校に連絡する
    アコムが学校に連絡をすることは絶対にありません。(2017年8月問い合わせて確認済み)

では次に、親バレ・学校(友人)バレする可能性をまとめます。

親バレ・学校バレする可能性

  1. 持ち物でバレる
  2. 利用している姿を目撃される

それぞれについて解説してきます。

  1. 持ち物でバレる

    アコムを利用するからにはアコムカードの作成が必須です。そしてアコムを利用すると明細書が発行されます。持ち物で親バレするとすると、このアコムカードと明細書です。
    この2つをバレない様に徹底的に管理するか、お金を借りる時に銀行振込にする方法があります。
    銀行振込なら、ネットで借り入れの手続きを行えるのでアコムカードを持ち歩く必要がありませんし、明細書も発行されません。
    一番おすすめはアコムカードを絶対に見られない場所に隠し、お金を借りる時は銀行振り込みにする方法です。
  2. 利用している姿を目撃される
    アコムの店舗や自動契約機(むじんくん)で借り入れや返済を行う姿を目撃されてしまうと、アコムを利用しているおとが親や友人にバレます。しかし、簡単に対策できます。
    提携ATMを利用すればアコムの利用だとバレません。銀行の取引をしているように見えます。

まとめ

  • 郵送物が来ないよう、契約は自動契約機(むじんくん)がおすすめ
  • 自宅に電話連絡はほぼ来ない(来る場合は個人名を名乗って来ます。借りたお金の返済を怠ったり、アコムからの連絡を何度も無視した場合は自宅に連絡が来る可能性があります)
  • アコムカードの管理は徹底する
  • 銀行振込で借り、提携ATM返済をすればバレない

きちんと理解して、周りの人にバレない様に快適にアコムを利用しましょう。