学生も契約できるカードローンサービスとして有名なのか大手消費者金融のアコムです。

アコムの利用は家族や学校にバレるのでしょうか?

また、会社員などの社会人が申し込みをするのと比較すると申し込み時には様々な独自の注意点があると考えられます。

当然ながら契約・利用には様々なリスクが伴います。

当記事では、アコムの利用は親バレ・学校バレは起こり得るかどうか・バレないための対策・学生がアコムのカードローンの契約をすることの注意点などを確認していきましょう。。

アコムは学生も利用できますか?
はい。満20歳以上であり、アルバイトなどで安定した収入がある方は審査に通ればアコムを利用できます。
家族や学校にバレますか?
まず、学校バレはないと言えます。家族バレは当記事で解説しているポイントを押さえれば防ぐことが可能です。
学生のカードローンの利用のリスクとは何ですか?
返済日を厳守して利用している場合は何も問題はありません。ただ、返済日を守れなかった場合はそれなりのリスクがあるので理解しておく必要があります。

アコム公式サイト

アコムは学生でも借りれる?

結論から言いますと、アコムは学生でも借りれます

アコムの公式ホームページには申込み条件は以下のように記載されています。

次に了承事項と注意点は以下のように記載されています。

学生はNGという項目はありません。

つまりアコムは「満20歳以上でアルバイト収入がある学生も申込みは可能」ということが分かります。

  • アコムは学生も申込みができます
  • アルバイトで収入があることが条件です
  • 満20歳以上であることも条件です

親バレ・学校バレは起こり得る?

では、学生なら多くの方が気になる「親バレ・学校バレ」の可能性と対策についてまとめていきます。

専門用語ゼロで解説しているので安心してください。

親バレ・学校が心配なポイント

  1. 実家に契約の郵送物が送付される
  2. 実家に電話連絡が来る
  3. 学校に連絡が来る
  4. アコムカードでバレる
  5. 利用明細でバレる
  6. 利用している姿を目撃される

それぞれについて解説してきます。

1.実家に郵送物が送付される


結論から言いますと、

  • 自動契約機(むじんくん)
  • 店頭窓口

この2つの方法で契約する場合は、アコムから自宅に郵送物が届くことはありません。

そして、アコムから郵送物が届く場合は「ACサービスセンター」という名義になっていて「アコム」という文字は一切書かれていません。

2.実家に電話連絡が来る


申込みをすると、アコムが確認のために携帯電話・自宅・勤務先に電話をする場合があります。

しかし、アコムから自宅に電話がかかってくることはほぼありません。(返済が滞っているなどの異常事態を除く)

アコムはしっかりと配慮してくれます。

担当者の個人名で連絡してくれるので、アコムの利用が直接バレることはありません。

3.学校に連絡が来る

それぞれについて解説してきます。

結論から言いますと、

アコムが学校に連絡をすることは絶対にありません。

(2017年8月問い合わせて確認済み)

4.アコムカードでバレる
アコムを利用するからにはアコムカードの作成が必須です。

アコムカードでバレるのが心配ですね。

アコムカードのデザインはこれです。

アコムのカードかは見かけでは分かりませんが、「何のカードだろう」と思われる可能性がありますね。

アコムンおカードは発行は避けられないので、発行されたアコムカードを誰にもバレない場所に保管しましょう。

5.利用明細でバレる

アコムを利用すると明細書が発行されます。

うっかり利用明細を鞄に入れたままにして親にバレたというケースは少なくありません。

明細書でバレない為には、お金を借りる時に銀行振込にするのがおすすめです。

銀行振込なら、ネットで借り入れの手続きを行えるのでアコムカードを持ち歩く必要がありませんし、明細書も発行されません。

アコムカードを絶対に見られない場所に隠し、お金を借りる時は銀行振り込みにするのがポイントです。

6.利用している姿を目撃される

アコムの店舗や自動契約機(むじんくん)で借り入れや返済を行う姿を目撃されてしまうと、アコムを利用しているおとが親や友人にバレます。

しかし、簡単に対策できます。

提携ATMを利用すればアコムの利用だとバレません。

銀行の取引をしているように見えます。

  • 契約は自動契約機(むじんくん)か店頭窓口がおすすめ
  • 返済を滞納などすると自宅へ連絡がある可能性がある
  • 学校にアコムから連絡が来ることはない
  • アコムカードは誰にも見られないように保管しましょう
  • 借入方法は銀行振込にすれば利用明細も発行されませんし、アコムカードも持ち歩く必要がありません
  • アコムの店舗や自動契約機(むじんくん)で借入をすると目撃される可能性があるので提携ATMを利用する方が安心

申込みに必要な書類は?

学生がアコムに申込みをする時に必要な書類を解説します。

学生の必要書類

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書

1.本人確認書類

まず、学生証は本人確認書類として認められません。

  1. 運転免許証
  2. 個人番号カード
  3. 健康保険証

以上がアコムで認められている本人確認書類です。

健康保険証を用意する学生が多いです。

健康保険証は顔写真がないので以下の書類も必要です。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHK)
  • 納税証明書

スムーズに申込みを行うためにも準備をしておきましょう。

審査に学生であることは不利なの?

結論から言いますと正社員や嘱託職員などの雇用形態で仕事に就いている社会人と比較すると学生のアルバイトがカードローンに通過できる可能性は低いと言わざるを得ません。

アコムのカードローンは無担保ローンであるため、申し込み者の年収や過去のキャッシングの利用履歴などを確認して契約の可否を決めます。

当然ながら学生アルバイトよりも正社員として仕事に従事している社会人の方が返済能力は高いと判断されるため、たとえ年齢や月収に大きな違いはなかったとしても学生は社会人と比較して審査の際に不利になる可能性が高いのです。

また学生が申込みをする際の独自の注意点としてはアルバイトの種類年齢などが挙げられます。

たとえアルバイトしていて毎月一定額以上の収入を得ていたとしてもそれが長期のアルバイトではなく単発のアルバイトを転々として得た収入である場合にはアコムは「安定した収入がある」とはみなしてくれません。

カードローン審査の際には現在の勤務先での勤務期間も重要視されるので単発のアルバイトを繰り返している学生がアコムのカードローンを契約できる可能性は限りなく低いと言わざるを得ないのです。

学生がアコムのカードローンを契約する場合には長期のアルバイトをする必要がありますし、最低でも6ヶ月以上の勤続期間がないと審査通過は厳しいことを覚えておきましょう。

加えて、長期のアルバイトをしていて安定した収入がある学生でも年齢が20歳未満である場合には契約ができません。

基本的に銀行などが取り扱うカードローンや住宅ローンなどは20歳以上でなければ契約できないのですが、アコムのカードローンも例外ではなく満20歳以上でなければ利用ができません。

20歳未満の学生は満20歳以上になるまで待つ必要があります。

  • 正社員の社会人より、学生の方が審査に通るのが厳しい可能性がある
  • アルバイトは長期であり、6ヶ月以上継続して勤務できている方がよい
  • 満20歳以上でることが必須条件なのでお忘れなく

学生にカードローンはおすすめできない理由

実は学生がアコムのカードローンを利用する場合には様々なリスクが伴うため、リスクとリターンを考えた時に利用はあまりおすすめはできません。

最も大きなデメリットの一つとして真っ先に挙げられるのが支払いを延滞してしまった時のリスクです。

アコムのカードローンの支払いが滞ってしまった場合、自身の信用情報に金融事故歴が掲載されてしまう可能性が高いです。

もしも金融事故歴が掲載されてしまうと将来就職する際や社会人となった時に大きな制約を受けることになります。

消費者金融や銀行などの金融機関は個人の信用情報を共有しており、アコムのカードローンの支払いを延滞してしまうとアコムとは関係ない金融機関にも自分の金融事故歴が伝わってしまいます。

そのため将来金融機関に就職する際に金融事故歴ある人物だということが知られてしまっているので就職活動が著しく不利になることが考えられます。

さらには、社会人になって自動車ローン住宅ローンなどを組もうとしたときも金融事故歴をある場合には審査を通過できる可能性が著しく低くなってしまうのです。

延滞が一切なければ問題ありませんが、相当のリスクを背負うことを理解しておく必要があります。

万が一延滞をした時のリスク

  • 金融機関への就職活動が不利になる
  • 将来、自動車ローンや住宅ローンを組めない
  • 以上のリスクを覚悟したうえで、絶対に返済日を厳守すること

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • 学生も満20歳以上アルバイトなどの収入があればアコムの申込みができます
  • 親バレ・学校バレ対策はしておきましょう
    • 契約の郵送物
    • 自宅への電話連絡
    • 学校への連絡
    • アコムカードの保管
    • 利用明細書の対処
    • 利用している姿
  • 学生は正社員の社会人に比べて審査に通るのは厳しい可能性がある
  • アルバイトは単発でなく長期であり、6ヶ月以上継続していることが理想です
  • 万が一延滞をした時の学生が背負うリスクを覚悟したうえで、絶対に返済日を厳守すること
    • 金融機関への就職活動が不利になる
    • 将来、自動車ローンや住宅ローンを組めない

必ず、リスクを理解してルール厳守でカードローンを利用してください。

金融機関は学生だからと言って甘くはありません。

アコムを上手に利用して、より充実した学生生活を送りたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

アコム公式サイト