アコムの審査に落ちたらブラックリスト?どういった条件でリスト化されるか

  • アコムの審査に落ちるとブラックリストに載るって本当?
  • もう二度とアコムの審査に通らないの?
  • アコム以外のカードローンも審査に通らないの?

当記事は、このような不安を抱いている方のお役にたてます。

アコムの審査に落ちた場合ブラックリストに載る噂の真偽は?もう一度アコムの審査にトライすることは可能なのか。どのような方法で申込みをすればブラックリストに載らないのかなどを解説していきます。

アコムの審査に落ちたらブラックリスト?

アコムの審査に落ちたらブラックリストに載るの?結論から言いますと”アコムの審査に落ちた記録が信用情報に記録されます”

信用情報とは

この信用情報とは日本全国の金融機関で共有されている、「金融機関の利用履歴」です。金融機関なのでカードローンだけでなく、クレジットカードや各種ローンの記録も共有されています。

具体的に何が記録されるかというと、利用記録をはじめ、遅延した、申込みをしたなどすべてです。つまり、申込みを受けたカードローン会社は審査の際にこの記録をチェックし、申込内容と総合して審査結果を出しています。

例えばAさんが、カードローンBで返済を滞納し、催促の連絡を無視し続けたとします。Aさんが新規でカードローンCに申込みをした場合、おそらく信用情報の記録からAさんは審査落ちするでしょう。

このように日本全国の金融機関で共有されているのが信用情報です。

この信用情報に記録されることが”ブラックリストに載る”という噂になっているんですね。

再審査で落ちないためには何をすべきか?

アコムの審査にもう一度トライすることは可能です。しかし、再審査で落ちない為にはどうすればいいのでしょうか?

残念ながら、”再審査は初回の審査よりも審査落ちの確率が高い”のが事実です。どうしてもアコムの審査に通りたいという方は以下の2点を行いましょう。

当サイトは他社をおすすめします。繰り返しになりますが、再審査は厳しいです。他社カードローンに申込をする方はこちらに進みましょう。

アコムの再審査に落ちないためにしたい2つのこと

  1. 時間が経つのを待つ
  2. 審査落ちの原因を改善する

それぞれについて解説していきます。

1.時間が経つのを待つ

再審査は初回の審査から半年以上経ってから行いましょう。

その理由は、先ほどお話した信用情報の記録が関係しています。実は、初回の審査に落ちてしまったという記録が信用情報にあるのが半年間なんです。信用情報に審査落ちの記録がある限り、例え他社カードローンに申込みをしても審査は不利になります。

おそらくどのカードローンに申込みをしても落ちる可能性は高いと言えます。お金を借りたくても何社にも申込みを行うのは絶対にNGです。

そうすることでいわゆる”申込ブラック”というただの審査落ちよりも重要視される記録が信用情報に残されてしまいます。

アコムの審査の審査に落ちて、どうしても他のカードローンの審査にトライしたいという方は1社だけにしておきましょう。

アコムと同等以上におすすめなサービス内容や人気、利用者数を誇るのはプロミスです。申込先を悩んでいる方におすすめです。

promise

2.審査落ちの原因を改善する

いくら初回の審査から半年経っていても、初回の審査落ちの原因が改善されていなれば同じ結果になる可能性が高いです。

カードローンの審査に落ちる主な原因は以下の5つに絞れます。どれが原因で審査落ちしたか分析して改善して、再審査にトライしましょう。

カードローンの審査に落ちる主な原因5つ

  1. 勤続年数、住居年数が少ない
  2. 総量規制に反している
  3. 収入と借入希望額のバランスが悪かった
  4. 過去に金融事故を起こしている
  5. 申込時の入力情報の誤り

それぞれ詳しく解説していきます。

1.勤続年数、住居年数が少ない

今は転職が当たり前になっているので勤続年数が足りないケースは多くなっています。しかし、カードローンの世界では”安定した収入”が非常に重要視されます。

勤続年数と住居年数は重要です。転職や就職したての方や家を購入したばかりの方は審査が不利になる場合があります。

勤続年数も住居年数も1年以上経ってから再審査を受けましょう。

2.総量規制に反している

カードローンやクレジットカードのキャッシングが年収の3分の1を超えてはいけないと法律で定められているのが総量規制です。

これは自身の身の丈にあっていない借り入れを防ぐために設定されているので、総量規制に反してしまう方は借りすぎと言えます。現在借り入れているお金を返済してから、カードローンの申込をしましょう。

3.収入と借入希望額のバランスが悪かった

収入と借入希望額のバランスがあまりにも悪い場合がこのケースです。

申込み時点の借入希望額は10万円~20万円に設定するのが一般的です。

4.過去に金融事故を起こしている

過去に他のカードローンで長期にわたって滞納をした、連絡を無視したなどの金融事故がある方はどうしてもカードローンの審査に通りにくいです。

最低でも5年以上経過してから再審査に臨むことをおすすめします。

5.申込時の入力情報の誤り

申込時の入力情報は意図していなくても間違えてはいけません。

審査に通るために勤続年数や年収を偽る方は少なくありませんが、そのような行為は絶対にNGです。

金融機関を甘く見てはいけません。

必ず正直に入力をして再審査を受けましょう。

結局、2度目の審査は厳しいのが現実

これまでアコムの再審査に通るためのポイントを説明させていただきましたが、結局のところアコムの再審査に通るのは簡単ではありません。

これ以上信用情報に審査落ちの記録を増やさずに、有名カードローン会社でお金を借りることを実現するには、以下がポイントです。

カードローンでお金を借りるための3つのポイント

  1. アコムを諦めて他社カードローンに申込みをする
  2. アコムの審査から半年経過してから申込みをする
  3. アコムの審査に落ちた原因を分析し、改善してから申込みをする

これ以上、信用情報に”アコムの審査に落ちた”記録を増やさないためにも、アコムはすっぱり諦めましょう。アコム以外にも有名で人気なカードローンはいくつもあります。

有名で人気なカードローンの代表的な会社は”プロミス”です。プロミスは非常に便利で人気が高いです。

プロミスの一番のメリットは初回の利用時30日間利息が無料です。つまり、30日以内にお金を返せば利息を支払わずに済みますし、30日以内に返済しない場合も利息を30日分も節約できますね。

そして審査に通る確率を上げるためには、上記の2と3も実践しましょう。

「半年も待てない!今すぐにお金が必要」

このような状況の方は、プロミスに申込みしましょう。絶対に頼ってはいけないのが”誰でもお金を借りられる”などと謳っているいる電柱に貼られている金融会社です。違法な業者の可能性が高いので、未来の自分のためにもCMなどで一定の知名度があるカードローンを利用しましょう。

promise

借金を経験した時にお世話になったからこそおすすめできるカードローン2018年版

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
プロミスカードローンの特徴
  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise
※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。
サブコンテンツ

このページの先頭へ