「利息を払いたくないからボーナスで一括払いしたい」

「ボーナス払いで利息の節約はいくらになるの?」

当記事では、アコムのボーナス払いの方法やボーナス払いで利息がいくら節約できるかなどをまとめました。

もちろん計画通りに毎月返済していけば問題はありません。しかし、ボーナスなどまとまったお金でいっきに返済ができると利息の節約ができますよ。

アコムでボーナス払いは可能?

結論からいますと、アコムにはボーナス払いという支払方法はありません。

アコムの返済金額は”定率リボルビング方式”が適応されています。定率リボルビング方式とは公式ページで以下のように説明されています。

定率リボルビング方式とは

定率リボルビング方式は、「最後に借入されたときのお借入残高」「一定の割合」を掛けた金額を、最小ご返済金額と定め、最小ご返済金額以上のご返済をしていただくことを言います。(アコム公式ページより)

以上の説明より、アコムの返済は最小ご返済金額以上ならいくらずつ返済しても構わないということです。

つまり”アコムにはボーナス払いという支払方法はありませんが、ボーナスで支払いをすることは可能”ということです。

最小返済金額より多ければ、返済額は自由というわけです。

では、アコムのボーナス払いはどうのな手順で行えばいいのでしょうか。説明していきます。

アコムのボーナス払いは簡単

公式ページで繰り上げ返済の方法について以下のように記載されています。

アコムにまとめて返済をする場合も通常の返済と同様に、銀行振込・店頭窓口・アコムATMまたは提携ATMで返済が可能です。

それぞれのポイントをまとめます。

アコムの返済方法

  • 銀行振込
    • 会員ページの”返済時の振込入金口座照会”で口座番号を確認しましょう
    • 申込時に明細書の送付を希望した方は振込で返済した後日に”取引明細書”が送られます
    • 振込手数料が発生します
  • 店頭窓口
    • 相談ができる
    • 平日9時半~18時に利用可能です
  • アコムATM・提携ATM
    • 24時間対応
    • 土日祝日可能
    • コンビニや全国の提携ATMで可能

返済のタイミングも事前の連絡や特別な手続きは不要です。自分の好きなタイミングで上記の返済方法で返済を行うだけです。

ただ、気を付けなければいけないポイントが1つあります。

ボーナス払いで気を付ける点

ボーナス払いで気を付ける点は、返済額の確認です。

アコムの利息は日に日に増えています。つまり、毎日返済額が増えていきます。

なので返済をする日の返済額をアコムに確認をし、その額を返済するようにしましょう。返済額は会員ページか電話で問い合わせるかどちらかの方法で行えます。

問い合わせはアコム総合カードローンデスクにしましょう。

アコムのボーナス払いで利息負担は減る?

アコムにボーナスでまとめて返済を行うことで利息負担は減ると言えます。

アコムの利息は借入をした日から日に日に加算されていきます。計算式で言うと以下の通りです。

この式から分かる通り、返済が早ければ早いほど(利用日数が少ないほど)利息負担は減らせます。

計算例1

1万円を30日間、利率18%で借りた場合の利息

1万円×0.18÷365日×30日=147円

計算例2

10万円を30日間、利率18%で借りた場合の利息

10万円×0.18÷365日×30日=1,479円

では、利用日数によって利息の負担額はどれくらい変わってくるのでしょうか。具体例でイメージを掴んでいきましょう。

利息の具体例

利息の計算は複雑に感じます。計算なんて学生以来なので無理はありません。

でも安心してください。アコムの公式HPで返済シミュレーションシステムがあるので、それを利用すれば返済額や支払う利息の計算が簡単です。

acom

①返済タブの”ご返済シミュレーション”を選択します

②シミュレーションのテキストボックスに借入希望額、借入利率(実質年率)、返済回数を入力します

③返済シミュレーション結果が出ます

このように、とても簡単に気軽に返済シミュレーションができるので便利です。是非アコムの公式ページから利用してください。

では、返済のタイミングで利息の負担額がどれだけ違ってくるかを以下の3パターンの例をとって見てみましょう。

3パータンの例

①40万円を利率18%で46回払いする

②40万円を利率18%で23回払いする

③40万円を利率18%で1回で支払う

それぞれの利息を計算した結果が以下の通りです。

40万円、利率18%の利息金額の比較

返済回数 利息合計 利息差額
46回 156,598円 0円
23回 75,911円 80,687円(約8万円)
1回(一括) 6,000円 150,598円(約15万円)

いかがですか?返済の回数を半分にするだけで、利息が約8万円も違ってきます。もしタイミング良くボーナスなどまとまったお金が入り、アコムへの一括返済に充てた場合は15万円以上も利息の負担を減らすことができます。

アコムへの返済を毎月行っていると利息の支払いに慣れていってしまう方は少なくありません。

そこで忘れてはいけないのが、実はカードローンの利息は高いということです。しかし、アコムの場合は返済回数を減らすことで劇的に利息の負担額を減らすことが可能です。

このことをしっかり理解した上で返済計画を立て、まとまったお金が入った時の使い道の選択肢の一つにアコムの返済も入れておきたいですね。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • アコムにボーナス払いという返済方法はありません
  • しかし、アコムは最小返済額以上ならいくらずつ返済しても構いません
  • アコムのボーナス払いは通常の返済と同じ以下の方法で行うことが可能です
    • 銀行振込(会員ページにて口座番号を確認、振込手数料が発生)
    • 店頭窓口(相談ができる、平日9時半~18時)
    • アコムATMと提携ATM(24時間対応、土日祝日可能、コンビニや全国の提携ATMで可能)
  • 返済額は日に日に増えていくので、返済予定日の返済額を必ず確認してから返済を行いましょう
  • アコムのボーナス払いで利息負担は減らすことができます

無理は禁物ですが、カードローンは利息負担額を減らして賢く利用したいですね。

当記事の内容を知っておくだけで利息の節約ができるので、是非実行してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。