カードローン返済延滞で困ったら確認するべき3つのポイント

カードローンを利用していてどうしてもお金を返済できないっていう時には、以下の点を確認&行動を起こしましょう。

  1. カードローンお問い合わせ窓口から連絡をする
  2. 遅延損害金の確認
  3. 他社カードローンから一時的な借り入れ

これらの対処方法を詳しく解説していきます。

ステップ1 カードローンお問い合わせ窓口から連絡をする

まずはあなたが利用しているカードローンのお問い合わせ窓口から、返済に関しての相談をしていきましょう。各銀行カードローンのお問い合わせ番号を以下にまとめておりますので、ご確認ください。

各銀行のお問い合わせ窓口連絡先

ステップ2 遅延損害金の確認

まずは遅延損害金を確認して、何日間返済延滞をすれば、どれくらいの金額(ペナルティ)が余分にかかってきてしまうのか?を計算していきましょう。具体的にどれくらいの金額を支払わなければいけなくなるのかを事前に知っておくと、落ち着いて行動ができます。

ステップ3 他社カードローンから一時的な借り入れ

ここから具体的な解決策です。

現在返済が延滞してしまいそう、延滞しているカードローンをこれ以上そのままにしてしまうと、上で確認したように遅延損害金が発生してしまいます。

遅延損害金は利息とは別にかかってくるので、余計に払うことになるお金です。これを少しでも早く食い止めることでムダな出費を減らすことができます。

では、どうやって対処するかというと、無利息期間があるカードローンからお金を一時的に借りて、そのお金で返済をしてしまうことです。これによって、遅延損害金をこれ以上膨れ上がらせなくて済みます。

では、どこのカードローンであれば、無利息期間サービスがあるのかというと、プロミス・アコム・新生銀行カードローン レイクがおすすめです。

どこも初契約でないと無利息期間サービスは受けられないので、一度でもカードローンの利用がある業者はNGです。その中で以下の基準で決めていくことがベストとなります。

  • 5万円未満を借りるのであれば、新生銀行カードローン レイク
  • 5万円以上借りるのであれば、プロミス

5万円という金額で区切るのがおすすめです。初利用で5万円未満であれば、新生銀行カードローン レイクにて最大180日間の無利息期間サービスを受けられます。ですから、5万円未満をすぐに借りたいというのであれば、絶対に新生銀行カードローン レイクがおすすめ。

それ以上の金額となった場合には、無利息サービスが有る中で制限が少ないプロミスカードローンがおすすめになります。

各カードローンを徹底比較

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間

プロミスカードローンの特徴

  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上69歳以下で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise

※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%~18.0%
借入限度額 1万円~500万円
融資時間 柔軟な対応可能

新生銀行カードローン レイクの特徴

  • 初契約なら「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」
  • カンタンにできるお借入診断あり
  • CMでもお馴染みの有名な銀行系カードローンなので安心
  • 安定収入があれば主婦でも借り入れ可能
page
新生銀行カードローン レイク

※スマホだけでも申込可能です。

注目のカードローン

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座をお持ちであればSMBCモビットがイチオシです。

SMBCモビットカードローン

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 800万円
融資時間 最短即日も可能※

SMBCモビットカードローンの特徴

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座をお持ちであれば…

  • 電話連絡なしで借りれる!
  • 郵送物なしで借りれる!
  • スマホだけで完結!

SMBCモビットカードローンで今すぐにお金を借りる

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ