プロミスの金利を引き下げしてもらう絶好のタイミング

「今すぐお金が必要!」

そんな緊急時にお金を借りることができるプロミスはとても便利です。手軽でスピーディーにお金を借りられるので、長く利用していきたいですね。

しかし、利用するならなるべく低い金利でお得に利用したいですよね。

当記事は、プロミスの金利を引き下げてもらう絶好のタイミングについて解説していきます。

promise

金利をは引き下げてもらえるの?

ピンチの時にすぐにお金を借りられるのは嬉しいけど、金利を払うのは憂鬱ですね。少しでも金利を引き下げて、今よりお得にお金を借りたい!そんな方は多いと思います。

フリーキャッシングの場合、金利が上限である17.8%に設定されている方が多いです。

しかし、金利は低ければ低い程うれしいですね。金利が下がれば、もっとプロミスを利用しやすいですね。

実はプロミスの金利は下げることが可能なんですよ!!もちろん、利用状況やタイミングによっては金利を下げられない場合もありますが、実際にプロミスに交渉をして金利を下げてもらった人は実在します。

では、プロミスの金利を引き下げてもらえるのは、どのような状況なのでしょう?

プロミスの金利を引き下げしてもらうタイミング

交渉がうまくいけばプロミスの金利は下がる可能性があります。しかし、交渉のタイミングが非常に重要です!!

プロミスの金利を引き下げる交渉に適したタイミングは以下の通りです。

プロミスの金利を引き下げる交渉に適したタイミング

  • プロミスから利用限度額の増額を提案をされたタイミング
  • 自らのタイミング

それぞれの説明をしていきますね。

プロミスから利用限度額の増額を提案されたタイミング

これまでプロミスの利用を定期的にしていて、返済期日を厳守している場合、プロミスから利用限度額の増額を提案されることがあります。

これは「信頼できる利用者である」とプロミスから判断されたということです。金利を引き下げるにも信頼できる利用者であることは絶対条件なので、増額を提案されたタイミングは金利の引き下げのタイミングなのです。

自らのタイミング

「これからもプロミスを利用するので、少しでも金利を引き下げてほしい」と考えている方は思い切って、交渉してみるのもありです。

先ほども触れましたが、金利を引き下げるには信頼できる利用者であることは絶対条件です。他にも金利を引き下げるには条件があります。具体的な条件は以下の通りです。

金利を引き下げる条件

  • 返済期日を厳守している
  • 他のカードローン会社でも返済期日を守り、利用限度額の増額をしていない
  • プロミスを半年以上利用している
  • 収入が安定している

これらに当てはまるから絶対に金利を下げてもらえるということはありませんが、条件を満たしていないと信頼できる利用者とは言えません。

カードローンの利用は、ルールを必ず守り、信用できる利用者であり続けることが非常に重要です。

promise

過去に1度でも返済期日を守れなかった方は金利を下げられない?

「誰でも金利を下げる事が可能なの?」

そう疑問に思う方は多いと思います。残念ながら答えは「NO」です。

金利を下げる交渉を経験した、多くの利用者の声を聞くと…

過去に1度でも返済期日を守れなかったことがある方はプロミスの金利を下げる交渉に応じてもらえないことが多いです。

他社でも返済期日を守れなかったことが判明した場合は、金利を下げることができないことが多いです。

しかし、プロミスが判断することなので絶対に不可能だとは言い切れません。あくまで参考程度にしてください。

プロミスにとってよい利用者でいるのが1番

実際に金利を引き下げてもらえた方の中には、自ら交渉した方もいれば、プロミスから提案された方もいます。そんな方たちに当てはまることは「プロミスにとって良い利用者である」ということです。

やはりプロミスから信頼されている自信がないと交渉は難しいことは想像に難くないと思います。

しかし、「信頼を損ねるようなことはしていないから金利を引き下げてほしい」と考えている方は思い切って、交渉してみるのもありです。積極的に行動する人が得をするケースは多いです。

プロミスの金利を引き下げしてもらう絶好のタイミング

当記事のポイントは以下の通りです。

ポイントをチェック

  • プロミスでは金利が下がる場合がある
  • 金利が下がるタイミングには以下の2種類がある
    • プロミスから利用限度額の増額を提案されたタイミング
    • 自らのタイミング
  • いずれにせよ、過去にルールを破ったことがある場合は金利が下がる可能性は低い
  • プロミスが判断するので交渉をしてみるのも1つの手

今後、プロミスをお得に利用したいなら信頼できる利用者で居続けることは絶対条件です。

プロミス側から「この利用者には金利を下げてもっと利用してほしい」と思われれうような利用者になることを心がけましょう。

金利が下がるということはプロミスは得をしません。しかし、その分その利用者は今まで以上にプロミスを利用する可能性が高いということです。

急にお金が必要になることは誰でもあります。そんな時に他の多くの利用者よりも低い金利でお金を借りることができると思うと嬉しいですね。

プロミスを賢く上手に利用していくためにも、計画的にルールを守っていくことがポイントです。

promise

借金を経験した時にお世話になったからこそおすすめできるカードローン2017年版

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
プロミスカードローンの特徴
  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise
※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。

5万円だけ借りたいのであればこのカードローン

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%~18.0%
借入限度額 1万円~500万円
融資時間 最短即日
新生銀行カードローン レイクの特徴
  • 初契約で5万円までなら180日間無利息サービス
  • カンタンにできるお借入診断あり
  • CMでもお馴染みの有名な銀行系カードローンなので安心
  • 専業主婦も申込OK
  • 銀行カードローンに珍しい即日融資も可能
page
新生銀行カードローン レイク
※スマホだけでも申込可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ