プロミスで追加融資してもらう方法。限度額以上は借りれない?

  • 「もう限度額いっぱい!今月ピンチなのに困った!」
  • 「この飲み会を逃したら一生後悔する…もう一回お金を借りたい!」
  • 「どうしても欲しい物があるけどお金が足りない。」

そんな時にプロミスで追加融資できたら便利ですね!

当記事ではプロミスで追加融資をする裏ワザを分かりやすく解説していきます。

promise

まずは限度額をチェック!

限度額を把握できていないという方は少なくありません。

しかし、実は現在の限度額と借入残高によって追加融資が可能かどうかが決まるんですよ。

まずは限度額をチェックしていきましょう。

プロミスのホームページには以下のように「ご融資額」が記されています。

ご融資額 500万円まで

これは「誰でも500万円まで借りてOK!」という意味ではありません。

「融資額500万円まで」というのは、どんなに多くプロミスでお金を借りる場合も上限500万円までという意味です。

その融資額500万円以内で、あなたの限度額が設定されるわけです。

そしてそのあなたの限度額を決めるのはプロミスです。

プロミスに申込み、審査に通り、利用を開始する時点での限度額は10万円~30万円に設定されている方が多いです。

さて、限度額についてはこれで理解できましたね。では本題に戻ります。どんな方なら追加融資が可能なのでしょうか?さっそく解説していきますね。

promise

追加融資が可能な場合とは?

追加融資ができる条件を解説していきます。プロミス公式HPに以下のように明記されています。

すでにプロミスをご利用されていて、追加でお借入れをご希望のお客さまは新規お申込みは不要です。
ご利用限度額の範囲であれば、何度でもご利用いただけます。

引用元 http://cyber.promise.co.jp/Pcmain/BPA00Control/BPA00033

つまり、「あなたの利用限度額の範囲内ならば、何度でも追加融資できますよ!」ってことです。

例えば、あなたの限度額が20万円とします。今現在10万円をプロミスから借りているとします。その場合は、あと10万円は追加融資可能です。

追加融資の場合のキャッシング方法はプロミスカードを持っている方もインターネット会員サービスを利用している方も通常の方法で可能です。

一方、以下のような場合は追加融資を受けることが難しいです。

  • 総量規制に達している
  • プロミスの限度額までお金を借りている

それぞれについて解説していきます。

総量規制に達している

総量規制とは、貸金業法が適用されている金融会社は、利用者に年収の1/3を超えるお金を貸してはならないという法律です。

つまり、他のカードローン会社での借入残高とプロミスでの借入残高を足して、あなたの年収の1/3に達している場合は追加融資は受けることができません。

プロミスの利用限度額までお金を借りている

利用限度額までお金を借りている場合は、追加融資を受けることはできません。

例えば、あなたの限度額が20万円とします。そして既にプロミスから20万円借りているとします。急にお金が必要になって、さらに1万円が必要!でもそんな場合は、追加融資はできません。

しかし、利用限度額以上にお金が必要になることがありますね。そんな時にどうすればいいのか解説していきます。

利用限度額以上に追加融資を受けたい場合

限度額以上にお金が必要な場合もあきらめてはいけません。プロミスなら、利用限度額を増やすという手段があります。

今のあなたの限度額が20万円だとします。しかし、30万円に増やせたら嬉しいですし、金額に余裕ができていざという時に安心ですよね。突然の金欠に備えて限度額を増やしておくのは賢明かもしれません。

利用限度額を変更する方法は以下の通りです。

  • プロミスコールで申請
    プロミスのフリーコール(無料)です。携帯電話で申し込めるので安心でスムーズです。
  • 会員サービスで申請
    プロミスサイトの会員サービスから24時間いつでも申請が可能です。電話が苦手な方や場所や時間に縛られずに申請したい方におすすめ。

申込みをして3、4日で審査結果が来ます。審査に通れば追加融資が可能になります。

利用限度額の増額の条件

残念ながら利用限度額の増額の審査は誰でも必ず通るわけではありません。

利用限度額の増額は審査に通りやすい条件があります。

では、その利用限度額の増額の審査に通りやすい条件とは?分かりやすく解説していきますね。

具体的には以下の条件をクリアしている方が審査に通る可能性が高いです。

  • 返済期限を必ず守っている
  • プロミス利用開始から半年経っている
  • 申込み情報に変更が生じた場合、すぐに最新情報を届けている

それぞれについて解説します。

返済期限を必ず守っている

当たり前のことですが、プロミスが信頼されていなければ限度額を増やすことは難しいです。

過去に1度でも返済期限を過ぎてしまったことがある方は可能性は低くなります。

たった1度でもルール違反は記録に残ります。日ごろからルールを守ることが非常に大切です。

プロミスの利用開始から半年経っている

利用開始から一定期間、ルールを守れているか、年収や勤続年数などが安定しているか、信頼できる利用者であるか判断されます。

具体的には利用開始から半年から1年以上経っている方が審査に通る可能性が高いです。

申込み情報に変更が生じた場合、すぐに最新情報を届けている

常に届け出や申請をする余裕があり、急に連絡がつかなくなるようなことがないということは信頼度が高いです。

例えば、携帯電話の番号を変えたのにプロミスに変更を届けていない方がいたとします。その場合、プロミスから電話連絡は一切できなくなりますね。

この状況がプロミスは困るわけです。そのため、申込み情報に変更が生じた場合は、必ずプロミスに変更内容を届け出ましょう。

以上のような条件を満たしていなければ利用限度額の増額は難しいでしょう。

プロミスの追加融資が難しい場合

様々な理由があって、どうしてもプロミスで追加融資を受けることが厳しい方はどうすればいいでしょう。

すぐにでもお金が必要なら、他のカードローンに申し込むことをオススメします。

申込みから審査、利用開始までスピーディーな会社ならプロミスの追加融資より早い可能性があります。

プロミスで追加融資してもらう方法。限度額以上は借りれない?まとめ

これまで述べた増額の申請に通るポイントをまとめます。

  • 利用限度額以内なら追加融資可能
  • 利用限度額以上にお金が必要な場合は利用限度額を増やす申し込みをする
  • プロミスの追加融資が難しい場合は他のカードローンの利用がいい

日頃からルールを守り、計画的に利用・返済ができている方は追加融資も可能になってくることが分かりましたね。

長く賢くプロミスを利用していくためにも、返済期日などをきちんと守っていきましょう。

promise

借金を経験した時にお世話になったからこそおすすめできるカードローン2017年版

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
プロミスカードローンの特徴
  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise
※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。

5万円だけ借りたいのであればこのカードローン

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%~18.0%
借入限度額 1万円~500万円
融資時間 最短即日
新生銀行カードローン レイクの特徴
  • 初契約で5万円までなら180日間無利息サービス
  • カンタンにできるお借入診断あり
  • CMでもお馴染みの有名な銀行系カードローンなので安心
  • 専業主婦も申込OK
  • 銀行カードローンに珍しい即日融資も可能※即日融資対応は平日14時までに申込&必要書類確認が済んだ場合に可能です。
page
新生銀行カードローン レイク
※スマホだけでも申込可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ