専業主婦でもプロミスからお金を借りれる?

近年では多くの主婦がキャッシングを利用しています。プロミスでも主婦が利用しているケースは少なくありません。

「次の給料日までの間、生活費が少し足りない」

「急なお葬式で予定外の出費がある」

プロミスはこんな状況にも便利なカードローンです。

しかし、主婦はプロミスの審査に通ることは可能なのでしょうか。

プロミスの利用条件ではパートをしている主婦と、収入がない専業主婦とで扱いがかなり変わります。

当記事は主婦のプロミスの利用条件について解説していきます。

promise

主婦でもパートをしていればお金を借りることは可能

まずはパートなど一切していない主婦(つまり収入がない専業主婦)の場合は、残念ながらお金を借りることができません

プロミスの申込み条件は以下の通りです。

  • 年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方
  • 主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方であれば、審査によってはご利用が可能 ※審査が通らないこともあります。

このことからも、収入がない専業主婦は安定した収入がないので申込み条件に当てはまらないわけです。

※プロミスは貸金業者のため、総量規制の対象となっています。年収の3分の1を超える金額の借入はできないので、年収が0の専業主婦はお金を借りることができないのです。

ではパートをしている主婦は安定した収入があるとみなされるのでしょうか?

答えは「YES」です。

プロミスでは雇用形態では判断せず、たとえパートやアルバイトでも毎月安定した収入があるなら審査に通過できます。

つまり、いざという時にプロミスを利用したいと考えている主婦の方は短時間でもいいので、しっかりとパートをしておくといいですね。

また注目すべき点は勤務歴です。勤務歴が長い方が説得力があるので、同じ職場で長く勤めているほうが審査には有利に働く可能性があります。

パートの場合の利用限度額はどこまで可能?

気になる利用限度額ですが、もちろん利用者の返済能力によって設定されます。

返済能力とは現在の収入や他社の借り入れ状況などから決められるので、申込みをしてみないとわかりません。

自分の利用限度額を知りたい方は、実際に申込みをして確認してみましょう。

どうしてもお金を借りたい専業主婦ができること

収入がない専業主婦の方がプロミスでお金を借りることができないことが分かりました。では、収入がない専業主婦の方は一体どこでお金を借りればいいのでしょうか?

プロミスでお金を借りたいと考えている方にご提案できる方法は、ご主人の名義でプロミスからお金を借りるという手段です。

安定した収入があるご主人の名義ならお金を借りることが可能です。ただ、ご主人に秘密でお金を借りたい場合は使えない方法です。

それでは収入がない専業主婦の方が自分の名義でお金を借りることは不可能なんでしょうか?

収入がない専業主婦の方がお金を借りる方法はちゃんとありますのでご紹介します。

  • 銀行からお金を借りる
    意外に思われますが、銀行なら専業主婦もお金を借りることができます。
  • 他のカードローンを利用する
    配偶者貸付(専業主婦がカ配偶ードローンを利用する方法)を行っている会社でならお金を借りることができます。

それでは、それぞれについての解説をしていきます。

方法1 銀行からお金を借りる

専業主婦にお金を貸してくれる銀行名と限度額を一部ご紹介します。

銀行名 限度額
みずほ銀行 30万円以内
静岡銀行 50万円
ソニー銀行 50万円
イオン銀行 50万円

以上のように、配偶者に安定した収入があれば、収入がない専業主婦の方もお金を借ることができます。

各カードローンの申込み条件などをしっかり確認しておきましょう。

方法2 配偶者貸付をしている他のカードローンを利用する

配偶者貸付を行っている会社なら収入がない専業主婦の方もお金を借りることができます。

配偶者貸付とは、収入が無い専業主婦がカードローンの利用を可能にする例外的な制度です。

ただし、収入がない専業主婦の方も配偶者の収入が安定している場合にカードローンを利用できるとされていますが、実際のところは、ほとんどの大手カードローン会社は配偶者貸付を取り扱っていません。

ですから、方法としては1の銀行カードローンを利用するというのがベストです。

専業主婦でもプロミスからお金を借りれる?まとめ

収入がない専業主婦はプロミスからお金を借りることはできません。しかし、パートなどの収入が毎月ある場合はプロミスの利用条件である安定した収入とみなされます。

これは、プロミスは貸金業者であるため総量規制の対象となっており、年収の3分の1を超える借入はできないことになっているからです。つまり、専業主婦のように年収0の場合には、必然的にお金を借りることができません。

一方で、総量規制対象外の銀行系カードローンの場合には、本人の年収に関わらず借りることができるので、専業主婦でもお金を借りることができます。

というわけで、収入がない専業主婦の方がお金を借りる方法は以下の通りです。

  • ご主人名義でお金を借りる
  • 銀行でお金を借りる

以上の2つの方法から選ぶことになります。どこでお金を借りるにしても、計画的に利用していきましょう。

promise

借金を経験した時にお世話になったからこそおすすめできるカードローン2017年版

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
プロミスカードローンの特徴
  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise
※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。

5万円だけ借りたいのであればこのカードローン

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%~18.0%
借入限度額 1万円~500万円
融資時間 最短即日
新生銀行カードローン レイクの特徴
  • 初契約なら「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」
  • カンタンにできるお借入診断あり
  • CMでもお馴染みの有名な銀行系カードローンなので安心
  • 専業主婦も申込OK
  • 銀行カードローンに珍しい即日融資も可能※即日融資対応は平日14時までに申込&必要書類確認が済んだ場合に可能です。
page
新生銀行カードローン レイク
※スマホだけでも申込可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ