プロミスの明細を提携ATMで受け取る方法。家族にバレない借り方

誰でもお金を借りていることは家族や友人に知られたくありませんね。もしプロミスの利用明細が自宅に届いたら、お金を借りていることが家族に知られて困りますね。

しかし、プロミスでは利用明細を自宅に届かないようにできるんです。

当記事では、プロミスの利用明細を自宅に届かないようにする方法を分かりやすく解説していきます。

プロミスの利用明細を自宅に届かないようにする方法

プロミスの利用明細が自宅に届かないようにする設定があります。

借り入れや返済をする際は必ず利用者本人に送付することが法律で義務付けられています。そのため、借り入れをする前に設定を完了していないと、利用明細が自宅に郵送されてしまう可能性があるのです。借り入れをする前に設定を終わらせてくださいね。

借り入れをする手段一覧と明細の渡され方

以下は借り入れをする方法一覧と明細の渡され方です。

借り入れ方法 明細
銀行口座振込 自宅に郵送の場合あり
店頭窓口、プロミスATM その場で発行され、もらえる
提携ATM 自宅に郵送の場合あり
提携していないATM 自宅に郵送の場合あり

提携ATM、提携していないATMで借り入れをした場合は、機械によって明細がその場で発行されない場合があります。また、銀行口座振込借り入れをした場合は、借り入れを利用したその場で明細書が発行されません。そんな場合に、後日明細が郵送で送られてきます。

利用明細は必ず利用した本人に届くことが絶対条件です。なので明細の郵送は避けられないのです。

しかし、以下で説明する設定をすれば明細が自宅に郵送されることを回避できますのでしっかり理解してください。

「電子交付サービス」で明細は郵送されない

では、銀行口座振込・提携ATM・提携していないATMで借り入れをするときに自宅に明細が郵送されないようにする方法を解説します。

プロミスの会員サービスにログインし、書面の受取りを「電子交付サービス」を選択するだけです。これで利用明細が自宅に郵送されることはありません。

借り入れを行う前に必ず「電子交付サービス」の設定を忘れないように気を付けてください。

プロミスの明細を提携ATMで受け取る方法。家族にバレない借り方まとめ

  • 店頭窓口・プロミスATM以外で借り入れを行うと、利用明細が自宅に郵送される可能性がある
  • 会員サービスページで書面の受取りを「電子交付サービス」に設定すれば利用明細は自宅に郵送されず、明細をネットで確認できるようになる

プロミスは常に利用者の立場に立ち、利用者にとってうれしいサービスを提供してくれます。プロミスが多くの人に利用されている理由が分かりますね。

プロミスはカードローンの中でも利用者のプライバシーを配慮している会社なので人気が非常に高いんです。家族や周りの人に知られずにお金を借りたい時にはプロミスです。

どうしても家族に知られずにお金を借りられるか不安な方は、プロミスコールでオペレーターに問い合わせるのが一番安心ですよ。オペレーターが丁寧新説に説明してくれます。プロミスコールはフリーコールなので通話料はかかりません。通話時間を気にせずに、心配事がなくなるまで質問してください。

1人で踏み切れずにいる時間がもったいないくらい、すぐに解決するはずですよ。

promise

借金を経験した時にお世話になったからこそおすすめできるカードローン2017年版

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
プロミスカードローンの特徴
  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise
※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。

5万円だけ借りたいのであればこのカードローン

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%~18.0%
借入限度額 1万円~500万円
融資時間 最短即日
新生銀行カードローン レイクの特徴
  • 初契約で5万円までなら180日間無利息サービス
  • カンタンにできるお借入診断あり
  • CMでもお馴染みの有名な銀行系カードローンなので安心
  • 専業主婦も申込OK
  • 銀行カードローンに珍しい即日融資も可能※即日融資対応は平日14時までに申込&必要書類確認が済んだ場合に可能です。
page
新生銀行カードローン レイク
※スマホだけでも申込可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ