個人事業主でもプロミスからお金を借りれる?

様々なスタイルの働き方が認められつつある現代では、個人事業主が増えています。

個人事業主は仕事のためにカードローンを利用せざるを得ない局面が生じることがありえます。

そのような緊急事態に個人事業主もプロミスでお金を借りることはできるのでしょうか。

当記事で個人事業主がプロミスを利用する方法を解説します。

promise

個人事業主は審査に不利?

「事業費が足りない」

そんなピンチにプロミスでお金を借りることができれば便利ですね。しかし、残念ながら多くのカードローン会社での審査で個人事業主は不利な立場です。

大きな企業の社長などの例外を除くと、個人事業主や自営業、会社経営者など会社員じゃない場合は審査に不利な場合が多いです。

収入が保障されていないので不利なのは無理がないですね。個人事業主はサラリーマンのように毎月決まった収入があるとは限りませんし、急激に収入が減ることもあり得ます。しかも失業した際の保障も期待できません。

では、個人事業主の方がお金を借りたい時は、どうすればいいのでしょうか?

プロミスの自営者カードローン

なんど、プロミスには自営者カードローンがあります。自営者カードローンとは、個人事業主が事業のために借りることができるカードローンのことです。

プロミスの自営者カードローンの詳細は以下のとおりです。

商品名 自営者カードローン
限度額 300万円
金利 6.3%~17.8%
条件 年齢20歳以上、65歳以下の自営者であること
用途 生計費および事業費に限る

つまり自営者カードローンは事業費、プライベート資金どちらにも利用可能です。

基本の「フリーキャッシング」では事業費にはできませんが、自営者カードローンは事業費にできるので自営者カードローンは非常に便利です。

プロミスは大手カードローン会社なので事業費として安心してお金を借りることができますね。

プロミスの自営者カードローンのメリット

自営者カードローンのメリットについて解説していきます。

さきほども触れましたが自営者カードローンのメリットは事業費にも生計費にも使える点だと言えます。

これは非常に助かる内容です。多くのカードローン会社では「事業費にはご利用できません」とされています。

さらに、生計費にも利用できるので用途によって振り回されずに済むので個人事業主にとって好都合ですね。

プロミスのフリーキャッシング

先ほども触れたように、プロミスには自営者カードローンがあり、個人事業主にはうってつけの商品だということが分かりました。

では、個人事業主は通常のカードローン商品であるフリーキャッシングは利用できるのでしょうか?

プロミスのフリーキャッシングの詳細は以下のとおりです。

商品名 フリーキャッシング
限度額 500万円
金利 4.5%~17.8%
条件 年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入がある方
用途 生計費に限る

フリーキャッシングの方が限度額が500万円と高く、都合に合う事業主の方もいると思います。

もちろん個人事業主の方もフリーキャッシングを利用する資格があります。

生計費に使う予定であれば、申込みをする価値はあります。ただし、個人事業主の方は審査が不利である可能性があり、さらにはフリーキャッシングで借りたお金は事業費にはできないことを注意してください。

個人事業主がプロミスのフリーキャッシングを受けるには

これまでの内容から、個人事業主は自営者カードローンを利用して事業費にも生計費にも使っていくのが便利です。

しかし、通常のフリーキャッシングを利用したいという場合もあると思うので、個人事業主の方がフリーキャッシングを利用する場合に気を付ける点や必要な書類の解説をします。

個人事業主の方は会社員のように収入が安定していないこともあり、会社員が申し込む場合より提出書類が多いです。

フリーキャッシング申込みの際に必要な書類

身分証明書 収入証明書類
会社員
(50万円以下の場合不要)
個人事業主

会社員の場合、希望の借入額が50万円を超える場合のみ収入証明書類が必要ですが、個人事業主の場合は希望の借入額が50万円以下の場合も収入証明書類が必要になることがあります。

では、個人事業主の方は身分証明書と収入証明書類として具体的に何を用意すべきかを解説します。

本人確認書類
  • 運転免許証
    または
  • 健康保険書
  • パスポート
収入証明書類
  • 確定申告書
    証明年度が前年度分のもの
  • 青色申告決算書または収支内訳書
事業実態を疎明する書類
  • 営業許可証
  • 受注書、発注書、納品書、請求書、領収書、報酬明細など

身分証明書類は会社員と同じですが、収入証明書類と事業実態を疎明する書類については注意が必要です。

もし、確定申告をしていなかったり該当する必要書類に不明な点がある場合はプロミスに問い合わせましょう。丁寧に質問に答えてくれますよ。

個人事業主でもプロミスからお金を借りれる?まとめ

  • 自営者カードローンなら、個人事業主の方が事業費や生計費に利用するのに非常に便利である
  • フリーキャッシングは、自営者カードローンより限度額が高いが事業費には使えず、審査も不利な可能性がある

プロミスならスピーディーにお金を借りることができるので、前もって申込みを済ませておくのがピンチを凌ぐポイントかもしれません。

責任や利益が自分自身にかかっている個人事業主だからこその緊急事態に、プロミスのカードローンを賢く上手に利用していきたいですね。

promise

借金を経験した時にお世話になったからこそおすすめできるカードローン2017年版

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
プロミスカードローンの特徴
  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise
※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。

5万円だけ借りたいのであればこのカードローン

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%~18.0%
借入限度額 1万円~500万円
融資時間 最短即日
新生銀行カードローン レイクの特徴
  • 初契約なら「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」
  • カンタンにできるお借入診断あり
  • CMでもお馴染みの有名な銀行系カードローンなので安心
  • 専業主婦も申込OK
  • 銀行カードローンに珍しい即日融資も可能※即日融資対応は平日14時までに申込&必要書類確認が済んだ場合に可能です。
page
新生銀行カードローン レイク
※スマホだけでも申込可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ