じぶん銀行カードローンで返済延滞した場合の遅延損害金はいくら?

「うっかり返済日を忘れていた」

「急なトラブルで返済ができなくなった」

どのような事情があってもカードローンの返済期限に遅れた場合、本来支払う予定だった金額に上乗せされた遅延損害金が発生します。

つまり、通常かかる利息とは別にお金を支払う義務が発生するのです。

しかも遅延損害金は返済が遅れるほど多く支払うことになります。甘く考えていたら、気づいた頃にはとんでもない金額になっていた…なんてことにならないように注意が必要です。

当記事では遅延損害金の計算方法、支払わずに済む方法などを解説していきます。

遅延損害金とは?

遅延損害金とは、返済期限内に返済ができない場合の罰金です。レンタルDVDなどの延滞料金をイメージすれば分かりやすいと思います。延滞利息と言う場合もあります。

つまり、返済期限内に返済ができない場合は借りた金額、利息、遅延損害金の合計金額分を支払うことになります。

そして、このような返済の遅延はじぶん銀行からの信頼を失い、さらには個人信用情報機関に記録されてしまいます。そうなると、他の銀行やカードローンを利用できなくなる可能性があるので非常にやっかいな事態になってきます。

じぶん銀行カードローンの遅延損害金計算方法

じぶん銀行カードローンの公式HPに以下のように記されています。

延滞期間中の借入金額に対し年18%の割合(保証会社の保証料を含む年率。)で遅延損害金が付加され、毎月の返済額に加算してお支払いいただくこととなります。

引用元 じぶん銀行カードローン公式HP

遅延損害金の利率は18%というわけです。この利率は他のカードローン会社や銀行などのカードローンの中でも平均的です。しかし通常の利息と遅延損害金を支払うとなると、かなりの額を支払うことになりますので、注意が必要です。

次に、遅延損害金の計算方法は以下の通りです。

遅延損害金の計算方法

[借入金額]×[遅延損害金年率18%]÷[365日]×[各回の返済期日後の経過日数※]

※返済期日の翌日より遅延が解消した日までの日数

計算式だけでは、イメージしにくいので具体例で説明していきます。

具体例①

  • 借入金額30万円
  • 遅延損害金年率18%
  • 遅延日数10日

この場合の遅延損害金は以下のように算出します。

30万円×18%÷365×10日 = 約1,479円

具体例②

  • 借入金額100万円
  • 遅延損害金年率18%
  • 遅延日数20日

この場合の遅延損害金は以下のように算出します。

100万円×18%÷365×20日 = 約9,863円

つまり、借入金額が多いほど、返済期日後の経過日数が長いほど遅延損害金は高くなっていくわけですね。

返済を延滞すると、その他にも不都合が生じます。それらについて解説していきます。

延滞中に起こる事

延滞中は追加の借入ができません。最悪の場合、取引状況によっては、返済後も追加の借入ができなくなります。

先ほども触れましたが、個人信用情報機関に記録された場合は他のカードローンや銀行でもお金を借りることが難しくなるので返済の遅延によって、一切お金を借りることができなくなる可能性もあるので注意が必要です。

返済期日を忘れない方法

うっかり返済期日を忘れてしまう方は少なくありません。しかし、そんなうっかりを防ぐことができるサービスがじぶん銀行カードローンにはあるので必見です。

じぶん銀行カードローンでは、返済期日当日と3日前に返済期日のお知らせメールを携帯電話やスマホに配信してくれるサービスがあります。

お知らせメールの設定は以下の通りです。

お知らせメール設定方法

  1. スマホ、携帯、PCより[会員ページ]にログイン
  2. [取引メニュー]→[各種お手続き]より手続きを行う

面倒な方、PCなどが苦手な方はローンセンターへ電話をしましょう。

じぶん銀行ローンセンター

  • 受付時間
    • 平日9:00~20:00
    • 土日祝9:00~17:00※年末年始を除く
      ※カード紛失や盗難にあった場合は24時間365日対応可能
  • 電話番号
    • 0120-926-222
    • メニュー番号3を選択

うっかりミスで信頼を失うことがないよ、事前に対策しておきましょう。

どうしても返済が難しい場合

カードローンの利用に慣れてくると、遅延に対する考えも甘くなってくる方は多いです。

しかし、返済の遅延は絶対に避けるべきです。

返済を遅延し、信頼を失うとクレジットカードの更新ができなかったり、ローンが組めなかったりと非常に不便な思い、恥ずかしい思いをすることが多くなります。最低でも5年間は記録が残るので、絶対に遅延はしてはいけません。

では、どうすればいいのでしょうか?

返済の遅延を避けるために、多くの方が選んでいる方法は、他社カードローンから一時的にお金を借り、じぶん銀行カードローンの返済を行うという方法です。

大手カードローンでは無利息期間が設定されています。無利息期間内に返済を済ませれば、借りた金額だけの返済で済むので無駄がありません。

じぶん銀行だけでなく、日本中の金融機関からの信頼を失い、利用ができなくなることを思えば、一時的に他社を利用する方が賢い選択だと思います。

どうしても返済が難しい時は、とにかく早めに行動し、信頼を保つために最善を尽くしましょう。

まとめ

当記事の内容をまとめました。

当記事の内容まとめ

  • 返済を遅延すると、遅延損害金を支払わなければならない
  • 遅延損害金 = [借入金額]×[遅延損害金年率18%]÷[365日]×[各回の返済期日後の経過日数]
  • 返済を遅延すると、信頼を失い、最悪の場合金融機関の利用ができなくなる
  • じぶん銀行カードローンには返済期日を知らせてくれるサービスがある
  • どうしても返済ができない場合は他社カードローンを利用するなどして、信頼を失う事態を避ける
    • おすすめは無利息期間のあるカードローン(プロミスやアコム)です。>>詳細はこちら

返済ができないような状況にならない為に、計画的にお金を借りましょう。

借金を経験した時にお世話になったからこそおすすめできるカードローン2017年版

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
プロミスカードローンの特徴
  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise
※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。

5万円だけ借りたいのであればこのカードローン

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%~18.0%
借入限度額 1万円~500万円
融資時間 最短即日
新生銀行カードローン レイクの特徴
  • 初契約で5万円までなら180日間無利息サービス
  • カンタンにできるお借入診断あり
  • CMでもお馴染みの有名な銀行系カードローンなので安心
  • 専業主婦も申込OK
  • 銀行カードローンに珍しい即日融資も可能
page
新生銀行カードローン レイク
※スマホだけでも申込可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ