北海道銀行カードローン「ラピッド」の口コミ&評判!審査は厳しい?

北海道銀行カードローンとは?

北海道銀行は、その名の通り北海道に本店を構えている大手地方銀行です。

いわゆるバブルの崩壊により、経営が厳しい時期もありましたが、2000年以降は業績が右肩上がりで、2010年には総預金額が4兆円を超えたことが発表されました。

そんな北海道銀行のカードローン商品「ラピッド」は人気が高く金利も低いと評判です。

近年は地方銀行のカードローン商品は都市銀行並みに質が良く、人気が高いので要チェックです。

しかし、当たり前ですがデメリットもあります。

当記事では、北海道銀行カードローン「ラピッド」のメリットやデメリット、商品内容、気を付けたいポイントをまとめました。

基本情報

商品名 ラピッド
条件
  • 満20才以上75才未満
  • 安定した収入が継続的にある
  • 保証会社アコム㈱の保証を得られる
使い道 自由(但し、事業資金は除く)
金額 1万円~800万円(審査によって北海道銀行が定めます)
期間 3年毎の自動更新
利率 年1.9%~14.95%(この範囲内で北海道銀行が定めます)
返済方法
  • 35日ごとまたは毎月指定日(6日は除く)
  • 北海道銀行のATM、セブン-イレブンやローソン、セイコーマート、サンクス、ファミリーマートなど全国の提携コンビニATMまたはお振込にて返済可能(返済口座不要)
保証人 不要
担保 不要
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入を確認できる資料(500万円以上を希望の場合のみ)

➡北海道銀行カードローン「ラピット」公式ページはこちら

口コミからわかったおすすめ5つのポイント

北海道銀行カードローン「ラピッド」5つのポイント

  1. 金利が低い
  2. 75歳未満が利用可能
  3. 即日振込でスピーディー
  4. 申込みから借入まで自宅で完結
  5. 収入証明書が不要

それぞれの詳細について解説していきます。

1.金利が低い

北海道銀行カードローンラピッドの借入金利は年1.9%~14.95%の範囲で北海道銀行に設定されます。

一般的に銀行のカードローンの借入金利が年15%と考えると、ラピッドの金利はかなり低く設定されていることが分かりますね。

2.75歳未満が利用可能

多くの銀行のカードローンは条件として年齢が20歳以上60歳未満と設定されていることが多いです。年齢制限が緩い銀行でも65歳未満が限度です。

しかし、ラピッドは満75歳未満が利用可能と、高齢者にとって非常嬉しい条件です。

さらに、収入がない専業主婦も利用可能なんです。配偶者が安定して収入を得ていれば問題ありません。

3.即日振込でスピーディー

ラピッドは即日振込でお金を借りることができます。

実は、大手銀行でも即日振込融資が導入されていないところがほとんどで、ラピッドは時代の先を行っているわけです。

しかも、北海道銀行以外の口座でも問題ありません。

急にお金が必要な時に、ラピッドは大活躍というわけです。

土日でなければ午後1時以前にホームページ、電話、FAXで申込みを行えば、当日の午後4時には振込でお金を借りることが可能です。

電話で申込みをした場合が最速になることが多いです。

4.申込みから借入まで自宅で完結

ラピッドは店舗に行かずに申込みを完結できます。

申込み方法は4通りあり、インターネット・電話・FAX・郵送のいずれかです。

自宅で申込みから借入まで完結するのは非常に嬉しいですね。

電話での申し込みの場合は最短10分、インターネットの場合は最短20分で審査結果が出ます。

5.収入証明書が不要

借入希望額が500万円以下の場合は収入証明書の提出は不要です。

多くの銀行で借入希望額が100万円以上の時点で収入証明書の提出が必須なので、手間が省けて嬉しいですね。

申込み前に注意すべきポイント

ここまで評判が非常に良いラピッドですが、デメリットがあるので申込み前に読んでおいてください。

ラピッドのデメリット

  • 口座引き落としで返済ができない

つまり、毎月返済するためには以下の2つの方法から選択する必要があります。

ラピッドの返済方法

  • 振込で返済
  • 北海道銀行、セブンイレブン、ローソン、セイコーマート、サンクス、ファミリーマートなど全国の提携コンビニATMで返済

いずれにしても自動的に返済する方法ではないので、毎月返済を意識して行う必要があります。

万が一返済が延滞した場合、遅延損害金を支払う義務が発生します

遅延損害金とは

返済期日に返済ができない場合に発生する罰金のようなものです。

[遅延損害金(円)]=[借入金額(円)]×[遅延損害金年率(%)]÷[365(日)]×[返済期日後の経過日数]

ラピッドの遅延損害利率は18.0%です。

うっかり返済期日を忘れてしまった場合、一体いくらの遅延損害金を支払う必要があるのかも申込み前に知っておきたいですね。

ラピッド遅延損害金の例

  • 借入金額100万円
  • 遅延日数10日

100万円×18%÷365×10

=1,000,000×0.18÷365×10

=約4,931円

10日間遅延してしまった場合、遅延損害金は約4,931円となります。

遅延損害金は返済期日から日数が経てば経つほど金額が膨れ上がります。

同時に、延滞したという事実が日本全国の金融機関に情報共有され、信頼に傷が付きます。1度失った信頼を取り戻すのは容易ではありません。金額にはできない損失です。

例えば、住宅ローンや自動車ローン、他の銀行からお金を借りるなどの行為が制限されます。1度でもお金の返済を遅延したという記録は、一定期間または一生涯残り、様々なシーンで制裁を受けることになります。

以上のリスクを考えると、返済期日を忘れてしまうタイプの方にラピッドは向いていません。

北海道銀行カードローン「ラピッド」はメリットが多い商品なのでおすすめはしたいですが、返済期日を忘れてしまった時のリスクが大きすぎるのは事実です。

当サイトでは、返済期日を忘れてしまう可能性のある方におすすめできるカードローンをご紹介しますので安心してください。

返済期日を忘れてしまう可能性のある方におすすめできるカードローン

返済期日を忘れないために、以下のようなサービスを備えているカードローンがおすすめです。

<<口座引き落としで返済が可能>>

手数料無料で毎月の返済日に自動で口座引き落としをしてくれるサービスを備えていると嬉しいですね。

毎月返済日を意識する必要がなく、気持ちも楽です。

<<返済日お知らせサービス>>

口座にお金をたくさん入れておけるタイプでない方の場合、事前に口座にお金を入れておく必要があるので口座引き落としサービスだけでは足りませんね。

そんな方には返済日お知らせサービスがおすすめです。

返済日を事前にメールで知らせてくれるので、メールが来たタイミングで引落口座に返済額を入金したり、ATMで返済手続きを行うなどして返済が可能です。

以上の嬉しいサービスを備えているカードローンが「プロミス」「レイク」です。

返済期日を忘れてしまいそうな方は、はじめから「プロミス」と「レイク」のような自分の弱点にマッチしたサービスを備えている会社を選ぶことをお勧めします。

返済期日を忘れてしまってから、信頼の傷を取り戻すのは不可能です。事前に最悪な事態の対策をしておくのは賢い選択と言えます。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • ラピッドは5つのメリットを持つ、非常に評判の良いカードローン商品です
  • ラピッドのデメリットは返済期日をうっかり忘れてしまう方には不向きな点です
  • 返済期日を過ぎてしまうと、遅延損害金を支払う義務が発生し、さらには日本全国の金融機関に情報共有され、自分の信頼に傷がついてしまいます
  • 返済期日を忘れてしまいそうな方に向いているのは「プロミス」と「レイク」です

借金を経験した時にお世話になったからこそおすすめできるカードローン2017年版

プロミスカードローン

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
融資時間 最短1時間
プロミスカードローンの特徴
  • 50万円以下なら原則収入証明書不要
  • 3秒のお借入診断あり
  • 初めての利用で30日無利息期間サービス有り(メアド登録とWeb明細利用登録必須)
  • 20歳以上で安定した収入があればパート/アルバイトOK
  • 土日祝でも新規即日借り入れも可能
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借入可能
page
promise
※30日間無利息サービスを受けるには、契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をする必要があります。

5万円だけ借りたいのであればこのカードローン

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%~18.0%
借入限度額 1万円~500万円
融資時間 最短即日
新生銀行カードローン レイクの特徴
  • 初契約で5万円までなら180日間無利息サービス
  • カンタンにできるお借入診断あり
  • CMでもお馴染みの有名な銀行系カードローンなので安心
  • 専業主婦も申込OK
  • 銀行カードローンに珍しい即日融資も可能
page
新生銀行カードローン レイク
※スマホだけでも申込可能です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ